水稲の生育診断・予測プログラム

タイトル 水稲の生育診断・予測プログラム
担当機関 岩手県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1984~1990
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 発芽後の日々の平均気温から算出した発育進度(DVR)をもとに、それを積算した
      発育指数(DVI)が、幼穂形成期(主稈幼穂長2mm)に1、出穂期に2となる下記の予測法
      (堀江等によるモデル式)を用い、県内の水稲生産調査データとメッシュ気象値から
      生育診断・予測プログラムを作成した。
    2. プログラムの機能
      ア. 本田生育調査(品種、調査日別など)、生育ステージ・収量及び、平年値データ
      集計表の作成
      イ. 生育診断・予測図または表の作成
    幼穂形成期・出穂期予測モデルの係数表及び検証
    茎数予測モデル式の係数表
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 当該年次における水稲の生育診断・予測が可能である。
    2. その生育予測に基づき、気象変動に対応した技術対策を立てることが出来る。
  3. 適用の範囲
    岩手県内の「ササニシキ」「あきたこまち」「たかねみのり」の栽培地域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 使用機種及び言語は、NEC PC-9801シリーズパーソナルコンピューター及び、N88-BASIC
      (MS-DOS上)、DB-IVである。
    2. 生育予測が可能な品種は、現在のところ「ササニシキ」「あきたこまち」
      「たかねみのり」の3品種である。
    3. 実際の生育診断・予測には、地域の生育状況などを総合的に判断して利用すること。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023900
カテゴリ 水稲 生育予測 品種

この記事は