無エルシン酸なたね新品種「アサカノナタネ」

タイトル 無エルシン酸なたね新品種「アサカノナタネ」
担当機関 東北農業試験場
研究課題名
研究期間 1969~1989
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    アサカノナタネは昭和44年度福島県農業試験場菜種育種指定試験地において
    無エルシン酸、草型良、多収を目標として「チサヤナタネ」を母、「Z・E・N」を
    父として交配し、選抜を固定を図ってきたもので、昭和47年度より福島県農業試験場、
    昭和54年度より東北農業試験場が引継ぎ、昭和62年度より「東北82号」として
    試験に供してきたものである。平成2年度に福島県が奨励品種に採用。
    本系統は、なたね油を構成する脂肪酸組成のうち、エルシン酸を含まない我が国
    初めての優良系統で、菌核病や耐雪性に対してやや難があるが、成熟期、収量性で
    優れている。平成2年11月なたね農林46号として農林登録された。
  2. 技術・情報の適用効果
    アサカノナタネは中生で福島県の奨励品種「農林16号」よりやや遅く「アサヒナタネ」
    より早い系統で収量性はこれら品種とほぼ同等であるが食用油の条件とされている
    無エルシン酸の特性を有するため、消費者、実需者、農家の要望に答えることが
    できる。
    「アサカナタネ」の特性一覧表
  3. 適用の範囲
    南東北の平坦地帯。
  4. 普及指導上の留意点
    1. なたねと交雑可能なブラシカ植物から十分離して栽培すること。
    2. 種子は無エルシン酸であることを保証したものを使用すること。
    3. 過度の密植や多肥栽培は倒伏、菌核病の多発を招く恐れがあるので避ける。
    4. 越冬前に十分な生育量を確保するため適期播種を励行すること。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023893
カテゴリ 育種 シカ 新品種 なたね 播種 品種

この記事は