耐冷性極強・極良食味水稲新品種「ひとめぼれ」

タイトル 耐冷性極強・極良食味水稲新品種「ひとめぼれ」
担当機関 宮城県古川農業試験場
研究課題名
研究期間 1982~1990
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 水稲新品種「ひとめぼれ」は東北中南部では中生に属する粳種で、耐冷性極強・
      良質・極良食味の特長を持つ。平成3年度より岩手、宮城、福島の各県で奨励品種に
      採用された。さらに、関東地方の早期栽培及び温暖地、暖地の高冷地帯でも、
      平成4年度以降奨励品種採用が見込まれる。
    2. 食味が極良好で耐冷性の強い品種の育成を目標として、平成57年に「コシヒカリ」を
      母、「初星」を父として人工交配を行い、F5単独系統から耐冷性及び
      食味に重点をおいて選抜育成した。昭和63年F8より地方系統名を付し、
      地域適応性を検討してきたもので、平成3年はF11である。
    3. 出穂期は「ササニシキ」並、成熟期は「ササニシキ」より5~6日早く、育成地では
      中生の晩である。
    4. 稈長は「ササニシキ」よりやや短く、穂長は「ササニシキ」よりやや長く、穂数は
      「ササニシキ」よりやや少なく、草型は偏穂数型である。耐倒伏性は「ササニシキ」
      よりやや強く、やや弱である。良質で、食味は極めて良好で「ササニシキ」に優る。
    5. 障害型耐冷性は極強。いもち病の真性抵抗性遺伝子型はPi-iと推定され、圃場抵抗性は
      葉いもちはやや弱、穂いもちは中である。白葉枯病抵抗性はやや弱。穂発芽性は
      難である。収量は「ササニシキ」に優る。
    表1. 「ひとめぼれ」の特性概要
  2. 技術・情報の適用効果
    東北地方中南部は良質・良食味米「ササニシキ」の一大生産地帯であるが、近年頻発
    する冷害により生産が不安定となり、「ササニシキ」以上の良質、良食味で安定性の
    高い品種が要望されている。
    「ひとめぼれ」は出穂期が「ササニシキ」並であるが、成熟期はやや早く、障害型
    耐冷性は極強で、食味も「ササニシキ」に優り極めて良好であり、当該地域において
    良質・良食味米の生産安定化が期待される。
  3. 適用範囲
    東北地方中南部の平坦部の外、関東地方の早期栽培及び温暖地、暖地の高冷地帯。
  4. 普及指導上の留意点
    1. いもち病圃場抵抗性は葉いもちは「ササニシキ」並のやや弱、穂いもちは中程度で
      あるので適期防除に留意する。
    2. 種子の休眠性が強いので、催芽前の浸漬を十分に実施する。
    3. 一穂籾数が少なく、穎花数が取りにくいので、健苗育成等により、有効茎の早期確保に
      努める。
    4. 耐倒伏性は「ササニシキ」より強いが、やや弱なので追肥は多すぎないように注意
      する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023867
カテゴリ いもち病 新品種 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 凍害 品種 防除 良食味

この記事は