耐冷性極強・極良食味水稲新奨励品種「ひとめぼれ」

タイトル 耐冷性極強・極良食味水稲新奨励品種「ひとめぼれ」
担当機関 岩手県立農業試験場県南分場
研究課題名
研究期間 1988~1990
研究担当者
発行年度 1990
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 岩手県では「ササニシキ」級の晩生種で、良質・良食味の「東北143号」を
      奨励品種に編入した。
    2. 「東北143号」は宮城県古川農業試験場で、「コシヒカリ」を母親、「初星」を
      父親とする交配から育成された。岩手県では昭和63年に奨励品種決定予備試験、
      平成1年から奨励品種決定本試験及び現地試験に供試・検討した。
    3. 特性(「ササニシキ」と比較して)
      1. 出穂期は並、成熟期はやや早い、岩手県では「晩生の中」。
      2. 稈長は並、穂長はやや長く、穂数は少ない。偏穂数型品種。
      3. 耐倒伏性はやや強い、「やや弱」。
      4. 収量性は並~やや少収だが、年次による変動が少なく安定している。
      5. 玄米千粒重は重く、玄米外観品質はやや優れる。
      6. いもち病抵抗性遺伝子はPi-iと推定され、葉いもち抵抗性は並の「やや弱」、
        穂いもち抵抗性はやや強い、「中」
      7. 障害型耐冷性は強く、「極強」。
      8. 穂発芽性は「難」。
      9. 食味評価は「ササニシキ」よりあきらかに良好。
      表1, 東北143号の特性概要
  2. 技術・情報の適用効果
    「東北143号」はいもち耐病性・耐倒伏性が「ササニシキ」よりすぐれ、収量性が
    並~やや劣るが、年次による変動が少なく安定している。品質もまさり、耐冷性は
    極強、穂発芽性は難、食味はあきらかにまさっている。このため、「東北143号」を
    奨励品種とすることにより、本県中南部の作柄安定化と産米の品質・食味の向上が
    図れる。
  3. 適用の範囲
    北上川中下流地帯平坦部の標高100m以下。当面の普及見込み面積は10,000ha
  4. 普及指導上の留意点
    1. 基肥窒素は「ササニシキ」よりやや多めとするが、多肥栽培は倒伏や品質低下の
      原因となるので避ける。
    2. 穂数・1穂籾数が「ササニシキ」より少ないため、栽植密度は十分確保する。
    3. いもち耐病性は「ササニシキ」並~やや優るが、「ササニシキ」に準じた適期防除に
      努める。
    4. 刈取適期については、「ササニシキ」より登熟が早いので、出穂後の日平均気温積算で
      900~1,150度Cを目安とし、遅刈りにならないようにする。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023866
カテゴリ いもち病 水稲 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 防除 良食味

この記事は