クワシントメタマバエの発生と予察

タイトル クワシントメタマバエの発生と予察
担当機関 福島県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1989~1993
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 本種の発生は地域によって全く異なり、県下では2~4回の発生回数であった。
    2. 発生の第1回目は6月~7月上旬であったが、年によって2~3週間のずれがみられた。
    3. 多雨の場合は多発する傾向にあった。
    4. 羽化率は土壌の水分量によって異なり、多ければ高い羽化率を示し、羽化期間も
      短縮された。水分量が少なければ低羽化率で、羽化期間も長期にわたった。
    5. 野外の発生消長と気象の関係をみると、降水量の推移が発生パターンと類似した。
    図1. クワシントメタマバエの発生
  2. 技術・情報の適用効果
    その年の発生パターンはそれぞれの地域における降水量を知ることによって、
    ある程度予測することができる。
  3. 適用の範囲
    県下全域
  4. 普及指導上の留意点
    特になし

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023845
カテゴリ

この記事は