培養葉条の挿木繁殖法による簡易馴化

タイトル 培養葉条の挿木繁殖法による簡易馴化
担当機関 山形県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1985~1993
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 剣持の培養葉条:腋芽部ではNAA10ppm・30分、頂芽部ではNAA10ppm・5分の浸漬処理
      によって発根と馴化を同時に行う挿木繁殖法により各々93%、95%の個体が活着
      した。
    2. 改良鼠返の培養葉条:腋芽部では2芽2葉に調節し、NAA100ppm・1分、頂芽部については
      NAA100ppm・30秒の浸漬処理によって剣持と同様に発根と馴化を同時に行い、各々
      86%、100%の個体が活着した。
      表1. 挿木繁殖法における剣持の培養シュートの生育
      表2. 挿木繁殖法における改良鼠返の培養シュートの生育
      表3. 挿木繁殖法による培養幼苗の圃場での生育
  2. 技術・情報の適用効果
    従来の寒天による発根培養後に馴化を行う手法では、発根培養に30日、馴化に30日の
    合計60日を要するが、挿木繁殖法では発根と馴化を30日で終了することが可能である。

    また、発根・馴化容器にジフィーポットごと圃場での育苗に移行でき発根から
    馴化、馴化から圃場への作業が簡易化される。
  3. 適用の範囲
    栽培地域
  4. 普及指導上の留意点
    培養開始後2~3日間は湿度を保つため密閉状態にし、徐々に開放し、7日目に全開
    する。
    培養土上にはカビが発生しやすいため、特に密閉状態のときには殺菌剤
    (トップジンM2,000倍液等)の表面散布が必要である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023841
カテゴリ 育苗 繁殖性改善

この記事は