植付前深耕による「しんけんもち」の増収効果

タイトル 植付前深耕による「しんけんもち」の増収効果
担当機関 山形県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1987~1991
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    桑新品種しんけんもちの植付に当たっては、有機物の施用とマルチを実施する
    ことにより、剣持以上の生育、収量が得られるが、植付前の深耕が、しんけんもちの
    収量性をさらに向上するとともに、干害の低減に有効である。
    1. 植付前に60cm全面深耕をした場合、植付当年から3年目までの収量合計は、無深耕の
      しんけんもち、剣持より多収となる(表1)。
    2. 1989年は、降水量少なく干害が生じたが、植付前の深耕は減収の程度を小さくした
      (表2)。
    3. 植付前の深耕は無深耕の場合より根量・根系の増大が図られる
      (図1)。
  2. 技術・情報の適用効果
    植付前の深耕の実施は、しんけんもち未成株の収量増加に有効であり、干害など
    気象災害の低減も期待できる。
  3. 適用の範囲
    山形県全域
  4. 普及指導上の留意点
    未成園時の生育確保を図らないと、しんけんもちの特性が十分に発揮されない
    ので、植付前の全面深耕は、しんけんもちを山間地や未熟土壌で栽培する場合の
    必須技術である。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023835
カテゴリ 新品種

この記事は