稚蚕人工飼料へのタウリン及びグルコン酸カルシウム添加による糸質の改善

タイトル 稚蚕人工飼料へのタウリン及びグルコン酸カルシウム添加による糸質の改善
担当機関 福島県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1987~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    人工飼料育蚕は、桑育蚕と比較して多くの面で相違するが、人工飼料育における
    糸質の改善についてタウリンおよびグルコン酸カルシウムを添加して検討した
    (表1)。
    粉体飼料2.5Kgに対してタウリンおよびグルコン酸カルシウムをそれぞれ6g添加し
    調製した飼料を用いた。2~3齢期の飼育で、より桑育のものに近い計量形質および
    絹繊維としての吸湿性と物性が優れる効果が認められた
    (図1、図2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    人工飼料育におけるタウリンおよびグルコン酸カルシウムの添加による糸質の
    改善効果は、より桑育のものに近づき、絹繊維として優れたものが得られる。なお、
    収繭量などが増すため、経済的効果のあることも期待される。
  3. 適用の範囲
    稚蚕人工飼料育
  4. 普及指導上の留意点

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023833
カテゴリ

この記事は