抗蚕核多角体病ウイルスモノクローナル抗体の性状

タイトル 抗蚕核多角体病ウイルスモノクローナル抗体の性状
担当機関 福島県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 1987~1990
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 核多角体病ウイルスに対するモノクローナル抗体のサブクラスはすべてIgG1であった。
    2. ELISA法および蛍光抗体法により、核多角体、核多角体病蚕の磨砕液および体液を
      特異的に検出することができた(表1)。
    3. E1およびG1細胞が産生するモノクローナル抗体は、ウイルス構造タンパクを認識すると
      考えられた(表2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    モノクローナル抗体を導入することにより、蚕ウイルス病診断に用いる抗体の特異性が
    高められ、診断結果の信頼性が大きく向上する。
  3. 適用の範囲
    県下全域
  4. 普及指導上の留意点
    特になし

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023828
カテゴリ

この記事は