半促成キュウリのブルームレス台木利用技術

タイトル 半促成キュウリのブルームレス台木利用技術
担当機関 宮城県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1988~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 播種
      ブルームレス台木は比較的胚軸が細いので、播種は、穂木(キュウリ)より1~2日早く
      行い、茎の太いがっちりしたものに仕上げる。
    2. 定植時の葉齢
      生育が良好で収量が多い2.5葉程度の若苗で定植する。
    3. 土づくり
      根量が少なく、吸肥力がやや弱いので、良質の有機物、土づくり肥料の施用、
      深耕及び排水改良等土づくりを十分にする。
    4. 地温の確保
      低温期の伸長性を高めるため、地中加温設備の設置等により適正地温(18~20度C)の
      確保に努める。
  2. 技術・情報の適用効果
    最近、キュウリの新しい台木として、夏秋栽培や抑制栽培でブルームレス台木が
    多く使われている。これらの台木は低温期の生育が不安定であるが、半促成栽培
    においても総収量及び品質面で優れており、使用可能である。特に低温期の地中加温
    による適正地温を確保することで安定した収量が得られる。
  3. 適用の範囲
    キュウリ半促成栽培が可能な地域
  4. 普及指導上の留意点
    1. 老化苗は側枝の発生が少なく、収量が低下するので、若苗で定植する。
    2. あらかじめ、ハウス圃場の土壌診断を行い、施肥量を決める。
    3. 育苗期から病害虫の発生に注意し、特に、うどんこ病は早期防除に努める。
    耕種概要
    表1. 定植後の生育
    表2. 収量及び果実品質
    表3. 地中加温の効果
    図1. 定植時の葉齢別10a当り収量

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023801
カテゴリ 育苗 うどんこ病 害虫 きゅうり 栽培技術 施肥 台木 土壌診断 播種 防除

この記事は