ナシ果面に対する薬剤散布の影響

タイトル ナシ果面に対する薬剤散布の影響
担当機関 福島県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1988~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
      「幸水の果面傷害」
    1. 薬剤散布によって収穫時の幸水の果面に、縦縞模様やまだら模様が発生する。
    2. 発生要因は、主として薬剤に含まれる界面活性剤や雨の作用によって、果皮の
      クチクラが壊される(クチクラ傷害)ためである。
    3. クチクラが壊れた部分にコルク細胞が形成されるが、このコルク形成が、不均一
      となることがある。そのため縦縞模様やまだら模様が発生する。
    4. 以上の現象を、幸水の果面傷害と呼ぶことにし、その発生程度は薬剤の種類によって
      大きく異なる(表1、表2)。
      「豊水の果点荒れ」
    5. 薬剤散布によって、収穫時における豊水の果点コルク層が褐変し、果面の一部が
      淡褐色のシミ状を呈する。これに特定の薬剤が関与する
      (表3)。
  2. 技術・情報の適用効果
      「幸水の果面傷害」
    1. 果面傷害の発生程度は、幸水の収穫時に果皮のコルク化程度と縦縞の発生程度を
      調査することによって判定できる。
    2. 果面傷害が最も激しく発生しやすい時期は7月である。
    3. 幸水の果実外観を損ねる要因は、果皮のコルク化の不均一と縦縞模様の発生である。
      コルク化指数と縦縞指数との間には、コルク化が進んだ薬剤ほど縦縞の発生が少ない。
      果面全体をコルク化させるような薬剤を使用すると、縦縞の発生も少なくなり、
      果面傷害が軽減される。
    4. 果皮のコルク化を促進し、果面傷害の発生が少ない薬剤は、殺菌剤では
      キャプレート水和剤、ベンレート水和剤、トモキシラン水和剤であり、殺虫剤では
      エストック乳剤、ダイアジノン水和剤、ダーズバン水和剤であった。
      「幸水の果点荒れ」
    5. 豊水の果点荒れは、ダーズバン水和剤を7月下旬から4回連用した区にのみ発生し、
      同剤の1~2回の散布でも被害が発生する可能性がある。
  3. 適用の範囲
    「幸水の果面傷害」;幸水栽培地域全体
    「豊水の果点荒れ」;豊水栽培地域全体
  4. 普及指導上の留意点
      「幸水の果面傷害」
    1. 幸水の6~7月の防除時には、果面傷害の少ない薬剤を選択して使用する。
      「豊水の果点荒れ」
    2. 豊水の7月下旬以降のハマキムシ類防除剤には、ダーズバン水和剤以外の殺虫剤を
      使用する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023783
カテゴリ ストック 防除 薬剤

この記事は