リンゴ、‘つがる’の着色促進剤MCPBの使用法

タイトル リンゴ、‘つがる’の着色促進剤MCPBの使用法
担当機関 岩手県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1983~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 本剤は落果防止剤として農薬登録されていたが、昭和63年12月、着色促進剤としても
      登録認可された。試験の結果、促進作用は明らかであるが、収穫前落果防止及び
      収穫時期等について留意すべき点が多いことが明らかになった。
      1. 収穫期は、収穫前の気象にも左右されるが、概ね7~10日早まる。
      2. 本剤は着色促進剤として登録されているが、基本的には熟期を促進するものであり、
        過熟の場合には硬度低下が著しい、収穫にあたっては、地色の変化に注意し、
        軟化しないうちに収穫する(カラーチャート指数2以下)。
      3. 着色促進剤として使用した場合の使用回数は年間1回に限られるが、この場合落果防止
        効果は収穫終了まで継続せず、収穫後半の落果が多くなる。このため、他剤との併用が
        必要であり、本剤散布後、収穫開始予定日の15日前までに、ストッポール1,000倍を
        散布する。
      4. 促進作用は斉一でなく、熟度の進みが早い果実と遅い果実との差が大きくなるので、
        すぐりもぎを行う。
      表1. 時期別果実内容
      表2. 果実内容落果率及び収穫可能果率の推移
  2. 技術・情報の適用効果
    1. つがるの品種構成割合が多い園での収穫労力分散が可能となる。
  3. 適用の範囲
    1. 東北
  4. 普及指導上の留意点
    1. 高温時の散布は、新梢先端や若葉に黄変や萎縮等の薬害が発生することがあるため、
      高温時の散布及び二度掛けはしない。
    2. 果実軟化の点から、全園一律な使用は控え、特に販売にあたっては過熟果が出荷
      されることの無いようにする。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023782
カテゴリ カラー 出荷調整 着色促進 農薬 品種 りんご

この記事は