放牧哺乳子牛の発育向上のための別飼施設の効率的利用技術

タイトル 放牧哺乳子牛の発育向上のための別飼施設の効率的利用技術
担当機関 東北農業試験場
研究課題名
研究期間 1986~1988
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 別飼施設の適正配置:給水施設に近く見通しの良い場所(牧区)に別飼施設を配置
      すれば、クリープ飼料の採食回数、採食時間、採食量が増加し、放牧哺乳子牛の
      発育改善が図られる(表1)。
    2. 柵越し哺乳の利用:柵越し哺乳を利用することによって、クリープ飼料の
      摂取時期が早まるとともに採食量も増加する。
    3. 混合飼料給与による過食防止:生後月齢の異なる放牧哺乳子牛群では、破砕
      ヘイキューブとの混合飼料を用いると、発育に影響を与えることなく濃厚飼料の
      過食を防止できる(図1、
      図2)。
  2. 技術・情報の適用効果
    放牧哺乳子牛の発育改善並びに発育の斉一化が可能である。また条件の劣悪な
    放牧地では、柵越し哺乳技術を利用することによって、別飼の効果をさらに
    高めることができる。
  3. 適用の範囲
    黒毛和種繁殖牛飼養農家
  4. 普及指導上の留意点
    多頭数で柵越し哺乳を行う場合、特に子牛の衛生管理に留意する。肉用牛生産技術
    マニュアル-草地を基盤とした2シーズン放牧方式による寒冷地型肉用牛生産技術-
    を参考

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023757
カテゴリ くり 肉牛 繁殖性改善

この記事は