ベノミル耐性イネばか苗病菌の分布拡大と防除対策

タイトル ベノミル耐性イネばか苗病菌の分布拡大と防除対策
担当機関 岩手県立農業試験場
研究課題名
研究期間 1985~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    青森県及び岩手県の薬剤耐性イネばか苗病菌の分布を明らかにし、種子消毒による
    防除対策を示した
    (表1、表2、
    表3、表4)。
    1. ベノミル耐性ばか苗病菌(最小生育阻止濃度:MIC値が1000ppmを越えるもの)は、青森県
      では、昭和60年が49.5%、61年が3.9%、62年が35.9%であったものが、昭和63年に
      87.7%、平成元年は81.1%と増加した。岩手県でも、昭和59年以降増加し、平成元年
      にはMIC値1000ppm≦の検出頻度率が90%以上に達し、チウラム・ベノミル剤でも
      十分な効果が得られない例が増加している。
    2. ベノミル耐性菌の分布状況は、青森県では昭和62年まで三戸郡で多かったが、
      平成元年度には、全県的に大きな広がりをみせている。また、MIC値が2000ppmを
      越える菌株も増加し、耐性化傾向が進んでいる。岩手県でも、耐性菌の分布はほぼ
      県下全域に及び、ばか苗病の発生は、これまで少なかった県南部でも、目立って
      きている。なお、岩手県では、目下のところEBI系薬剤に対する耐性菌は確認されて
      いない。
    3. EBI系薬剤(トリフルミゾール剤、ペフラゾエート剤)は、ベノミル耐性菌及び感受性菌
      いずれにも優れた防除効果を示す。現行の種子消毒剤(チウラム・ベノミル剤、
      チウラム・チオファネート剤、キャプタン・チアベンダゾール剤)を使用した場合で、
      ばか苗病の発生が多かったところでは、トリフルミゾール剤またはペフラゾエート剤を
      使用する。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. ベノミル耐性イネばか苗病菌の分布状況が明らかになり、防除指導上の参考になる。
    2. ばか苗病防除対策に苦慮しているところで、効果的な種子消毒が可能となる。
  3. 適用の範囲
    ベノミル耐性菌の出現している地域。
  4. 普及指導上の留意点
    トリフルミゾール剤及びペフラゾエート剤は、苗の生育初期(播種後10日頃まで)に
    草丈、根の伸長抑制が認められることがあるので、出芽後は適切な温度、水管理に
    努める。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023733
カテゴリ 種子消毒 耐性菌 播種 防除 水管理 むべ 薬剤 薬剤耐性

この記事は