有機物多施用によるミニトマトの品質向上

タイトル 有機物多施用によるミニトマトの品質向上
担当機関 宮城県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1987~1991
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. ミニトマトについて、簡易雨よけハウスで有機物を5~15t/10a施用して収量・
      品質を調査している。施用2年目までは有機物施用量の差が明確ではなかったが、
      施用3年目で、15t区で増収した。また、10t以上の区において8月下旬の糖度がやや
      高かったが、クエン酸換算の酸度では差はなかった
      (表1、表2)。
    2. 土壌に及ぼす影響は施用2年目で10t以上の施用区においてやや膨軟となった他は
      特に明瞭な差は見られなかった(図1、
      図2)。
    3. 施用3年目では施用量が増すにつれてりん酸、加里、石灰、苦土と塩基置換容量が
      高まった。しかし、pH、硝酸態窒素及び塩基飽和度では差はなかった
      (表3)。
  2. 技術・情報の適用効果
    有機物多施用による作物の収量・品質向上に及ぼす影響並びに土壌の理化学性に
    及ぼす影響を得るための基礎的データに資する。
  3. 適用の範囲
    野菜栽培関係の指導・研究機関
  4. 普及指導上の留意点
    有機物の種類や他作物についてさらに継続して検討する。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023725
カテゴリ ミニトマト 野菜栽培

この記事は