大豆新品種「トモユタカ」

タイトル 大豆新品種「トモユタカ」
担当機関 東北農業試験場
研究課題名
研究期間 1976~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 大豆新品種「トモユタカ」は、早熟であることにより麦・大豆2年3作体系で麦の前作に
      なりうる。
    2. 「ライデン」や「タンレイ」並の収量で、品質も優れる。
    3. ダイズモザイクウイルス及びシストセンチュウに抵抗性の白目中粒品種である。
    4. 豆腐の加工適性が「ライデン」や「シロセンナリ」より優れる。
    5. 裂皮粒の発生が少ない。
    表1. トモユタカの特性概要
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 宮城県では麦・大豆2年3作体系を推進するために早熟な大豆品種の育成が望まれて
      いたが、「トモユタカ」は「タンレイ」より10日、「コケシジロ」より6日早い
      早熟品種であることから、麦の播種作業と競合しないことにより輪作がやりやすい。
    2. 山形県では中生の早の「ライデン」を麦・大豆2年3作体系に用いていたが、
      「ライデン」は倒伏しやすいことから機械収穫に支障があり、褐斑粒や裂皮粒の
      発生も多かったが、「トモユタカ」はこれらの点で「ライデン」に優ることから
      麦・大豆2年3作体系が推進しやすい。
  3. 適用の範囲
    岩手県南部より栃木県までの麦・大豆2年3作体系を実施している地帯。
  4. 普及指導上の留意点
    1. 早熟であることから、生育量を確保するために密植して増収を図ると良い。
    2. ダイズモザイクウイルスの多発地ではアブラムシの防除に努める。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023698
カテゴリ 加工適性 新品種 大豆 抵抗性 播種 品種 防除 輪作

この記事は