水稲糯品種「ヒメノモチ」の栄養診断にもとづく安定栽培法

タイトル 水稲糯品種「ヒメノモチ」の栄養診断にもとづく安定栽培法
担当機関 岩手県立農業試験場県南分場
研究課題名
研究期間 1987~1989
研究担当者
発行年度 1989
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    「ヒメノモチ」の収量(600Kg/10a)と品質を安定させるための生育・栄養診断基準及び
    栽培法を明らかにした。
    1. 期待生産量及び栄養診断基準の策定
      1. 収量構成要素の期待値
      2. 栄養診断基準
    2. 栽培法
      1. 施肥
        • 基肥窒素はおおむね「キヨニシキ」並の4~6kg/10aとする。
        • 追肥は減数分裂期追肥(N:2kg/10a)を重点とするが、地力の低い圃場や幼穂形成期の
          葉色が診断基準を下回る場合は幼穂形成期追肥(N:1kg/10a)を組み合わせる。
      2. 刈取り適期
        • 登熟積算温度(平均気温)による刈取り適期は、950~1,050度Cの範囲である。
        • 枝梗及び籾の黄化割合で判定する場合は、いずれも80%程度からとする。
    3. 栄養診断技術
      1. 葉色による窒素濃度の推定
        • 幼穂形成期の稲体基準窒素濃度に対応するSPAD葉緑素計値は39~43である。
      2. 6月下旬から穂孕期直前の稲体乾物重の推定式
        • 乾物重[g/平方メートル]=(a×草丈[cm]×株周[cm]+b)×平方メートル株数[株]
          但し、a=0.023、b=2.87
      3. 幼穂形成期から穂孕期直前ころまでの窒素吸収量の推定式
        • 窒素吸収量[g/平方メートル]=(a×草丈[cm]×株周[cm]×葉色測定値[SPAD値]+b)
          ×平方メートル株数[株]
          但し、a=1.49×10-5、b=-1.62×10-2
        • 窒素吸収量[g/平方メートル]=(a×乾物重[g/平方メートル]×葉色測定値[SPAD値]+b)
          ×平方メートル株数[株]
          但し、a=5.41×10-4、b=-2.038×10-2
    図1. 平方メートル籾数と収量
    図2. 平方メートル籾数と登熟歩合
    図3. SPAD葉緑素計による窒素吸収量の推定
  2. 技術・情報の適用効果
    普及地帯における収量の安定化と品質向上が図られる。
  3. 適用の範囲
    岩手県内のヒメノモチ栽培地帯
  4. 普及指導上の留意点
    1. 穂数を確保しにくい品種のため、植付本数・栽植密度を落とさないこと。
    2. 幼穂形成期追肥は倒伏を助長する場合があるので生育量・葉色を十分考慮する。
    3. 穂発芽し易い品種なので、降雨の多い年は早めに刈り取り品質確保に努める。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023689
カテゴリ 栄養診断 水稲 施肥 品種 品質確保

この記事は