新たに見いだしたスイカ緑斑モザイクウイルス抵抗性マクワウリ「Chang Bougi」

タイトル 新たに見いだしたスイカ緑斑モザイクウイルス抵抗性マクワウリ「Chang Bougi」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2004~2005
研究担当者 杉山充啓
小原隆由
坂田好輝
発行年度 2005
要約  マクワウリ「Chang Bougi」は、スイカ緑斑モザイクウイルスのSH株(CGMMV-SH)に対し、発病遅延型抵抗性を有する。
キーワード メロン、スイカ緑斑モザイクウイルス、CGMMV、抵抗性、遺伝資源
背景・ねらい  Tobamovirusに属するスイカ緑斑モザイクウイルス(CGMMV)は、メロンモザイク病の主要病原ウイルスの1種である。本病害は土壌伝染することから、土壌消毒剤臭化メチルの生産停止にともなって、被害の拡大が懸念されている。CGMMVに感染はするものの病徴がでないモモルディカメロン「Phoot」および「Kachri」がCGMMV抵抗性メロンとして報告されたが、それらを用いた抵抗性品種は育成されておらず、また、それら以外の抵抗性素材は発見されていない。そこで、メロン遺伝資源について、メロンで発生し問題となったCGMMVのSH株を用いた抵抗性検索を行い、新たな抵抗性素材を見いだす。
成果の内容・特徴 1.
ほとんどのメロン品種・系統はCGMMVのSH株(CGMMV-SH)に対し罹病性であるが、韓国から導入したマクワウリ「Chang Bougi」(農業生物資源研究所ジーンバンク JP番号216784)(図1)は抵抗性を示す(表1)。
2.
「Chang Bougi」は、罹病性の「アールス雅春秋系」に比べ15日ほど発病開始が遅れ、かつ、病勢進展も緩やかであり(図2)、発病遅延型抵抗性を有する。
3.
「Chang Bougi」はスイカから分離されたCGMMVのW株(CGMMV-W)、あるいは同じTobamovirusに属するキュウリ緑斑モザイクウイルス(KGMMV)には罹病性である(表2)。
成果の活用面・留意点 1.
「Chang Bougi」はCGMMV-SH抵抗性の育種素材として用いることができる。
2.
25℃を超える条件で「Chang Bougi」にCGMMV-SHを接種した場合、接種上位葉に退緑斑が出現することがある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023609
カテゴリ 育種 遺伝資源 きゅうり すいか 抵抗性 抵抗性品種 土壌消毒 品種 まくわうり メロン もも

この記事は