ソルガム間作による新植茶園の潮風害防止効果

タイトル ソルガム間作による新植茶園の潮風害防止効果
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2003~2007
研究担当者 岡本 毅
吉冨 均
平松紀士(沖縄農試名護支場)
玻名城晋(沖縄農試名護支場)
発行年度 2004
要約 台風による潮風害を回避するにはソルガムを各うね間に間作する。2~3うねおきの間作では効果が低い。台風常襲地域の新植茶園では定植後2年目もソルガム間作を続ける必要がある。ソルガム間作は3~5回の台風被害を効果的に防ぐ。
キーワード 潮風害、台風、チャ、ソルガム、間作、九州、南西諸島
背景・ねらい
2004年に台風の来襲が相次いだ鹿児島県南部では、深刻な潮風害(傷ついた枝葉に潮が付着し起こる枯死)が大規模に発生し、新植茶園の幼茶樹が多数枯死した。西南暖地や南西諸島では、新植茶園の台風対策としてソルガム間作が行われてきたが、実際の農家圃場では、間作方法が不適切なため甚大な被害を被った事例が少なくない。そこで、2004年に鹿児島県枕崎市と沖縄県名護市で実施した圃場試験から、台風が繰り返し来襲した場合の潮風害および強風害(枝葉の損傷等の物理的被害)の防止効果を明らかにするとともに、効果的なソルガム間作方法を提示し、適切な台風対策の実施を生産者に喚起する。
成果の内容・特徴 1.
台風の強風や潮風による枯死被害を最小限とするには、各うね間にソルガムを間作(1.8m間隔)する必要がある(図1)。2うねおき(3.6m間隔)や3うねおき(5.4m間隔)では、潮風害・強風害の防止効果が大幅に低下する。
2.
ソルガムは出穂期頃に高さ60~70cmに刈り揃え、倒伏を防ぐ。乗用型機械の導入産地では、刈り取り回数の少ない短稈品種が省力的である。
3.
定植後2年目の新植茶園では、ソルガム間作がほぼ皆無で、甚大な被害が多く発生している(図2)。2年目もソルガムを間作した名護の事例では、枯死を回避できており(図3)、台風常襲地域の新植茶園では、定植後2年目もソルガム間作を続ける必要がある。
4.
ソルガム間作は、潮風害と強風害をともに防ぐ。2004年のように台風が3~5回来襲した場合も被害を顕著に軽減できる(図4)。
成果の活用面・留意点 1.
隣接した株が互いを支え合うまでの期間は、台風対策が必要なため、成長の遅い茶園では、定植後3年目もソルガム間作が必要となる。
2.
酸性土壌ではソルガムの生育が不良となる。酸性化した改植茶園では、播種前に石灰を散布して土壌pHを5~5.5に矯正すれば、ソルガムの生育が安定する。石灰は播種幅に合わせた条散布とする。
3.
うね間だけでなく枕地にもソルガムを植栽し、圃場の四方をソルガムで囲う。乗用型機械を通すためにうね間の中心をずらして、茶樹寄りにソルガムを植栽したり、枕地のソルガムを作業時に機械が踏んでも効果に支障はない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023576
カテゴリ 改植 栽培技術 ソルガム 播種 品種

この記事は