新たに見いだしたメロンえそ斑点病抵抗性メロン

タイトル 新たに見いだしたメロンえそ斑点病抵抗性メロン
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 杉山充啓
坂田好輝
小原隆由
発行年度 2003
要約 メロンえそ斑点病に対するメロン抵抗性素材を検索し、病斑を形成せず、接種葉でのウイルス増殖も認められない45品種・系統のメロンを見いだした。これらのMNSV抵抗性メロンは、マクワウリ、あるいは網メロンに属する。
キーワード メロン、メロンえそ斑点病、MNSV、臭化メチル、抵抗性、遺伝
背景・ねらい
メロンえそ斑点ウイルス(MNSV)によって引き起こされるメロンえそ斑点病は、日本各地のメロン産地で発生し、大きな問題となっている。本病害は土壌伝染することから、2005年に土壌消毒剤臭化メチルが撤廃されると、さらなる被害の拡大が懸念される。メロンえそ斑点病抵抗性品種として、nsv抵抗性遺伝子を有するアメリカキャンタロープ型メロン‘Perlita’、‘PMR 5’などがすでに報告され、それらは台木として、あるいは育種素材として利用が始められている。そこで、メロン遺伝資源についてMNSV抵抗性検索を行い、さらに新たな抵抗性素材を見いだす。また、それらの抵抗性の遺伝様式を明らかにする。
成果の内容・特徴 1.
‘メロン中間母本農4号’、‘香瓜’、‘甫立’、‘成歓マクワ’、‘平塚1号’などの45品種・系統は、MNSVに対して抵抗性を示す(表1)。
2.
MNSV抵抗性メロンではMNSVの接種に対して接種葉及び上位葉において病徴は認められず、接種葉でのウイルス増殖も認められない(表2)。
3.
MNSV抵抗性メロンはマクワウリ(セイカンマクワを含む)タイプ、あるいは網メロンタイプで、網メロンタイプの多くは赤肉のアメリカキャンタロープ型である(表2)。
4.
MNSV抵抗性メロンと罹病性‘夏系6号’とのF1は罹病性であることから、これらの抵抗性は劣性遺伝し、また、MNSV抵抗性遺伝子nsvを保有する抵抗性‘Perlita’とのF1は抵抗性を示す(表2)。
成果の活用面・留意点 1.
本成果は汁液接種による検定結果であり、汚染圃場による検定は行っていない。
2.
今回見いだした抵抗性メロンもnsv抵抗性遺伝子を有すると推定されるため、海外で報告されたnsvを保有する抵抗性を罹病化させるMNSV系統に対しては、罹病化すると考えられる。
3.
新たに見いだしたMNSV抵抗性メロンは、‘Perlita’、‘PMR 5’などと同様に育種素材として用いることができる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023548
カテゴリ 育種 遺伝資源 かき 台木 抵抗性 抵抗性遺伝子 抵抗性品種 土壌消毒 品種 まくわうり メロン

この記事は