単純反復配列(SSR)マーカーを利用したハクサイ連鎖地図

タイトル 単純反復配列(SSR)マーカーを利用したハクサイ連鎖地図
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 近藤正敏
松元哲
諏訪部圭太
大山暁男
池谷裕幸
塚崎光
釘貫靖久
藤村みゆき
畠山勝徳
布目司
福岡浩之
平井正志
鈴木徹
発行年度 2003
要約 ハクサイにおいて開発された単純反復配列(SSR)マーカーはアブラナ科野菜一般に高い汎用性を持ち、これをランドマークとして基本染色体数と同じ10連鎖群に収束したハクサイの遺伝連鎖地図を構築できる。
キーワード ハクサイ、単純反復配列、SSR、遺伝連鎖地図、分子マーカー
背景・ねらい
 有用形質の遺伝解析やマーカー選抜法開発をはじめとするゲノム情報を利用した育種手法の高度化のためには、汎用性が高く精度の高い分子マーカーの開発とこれを用いた遺伝連鎖地図の構築が重要な基礎となる。アブラナ科野菜の重要形質の詳細な遺伝解析とその育種利用を進めるための基本的ゲノム情報を整備するため、共優性であり汎用性の高いSSRマーカーを開発し、これをランドマークとする遺伝連鎖地図を構築する。
成果の内容・特徴 1.
‘はくさい中間母本農7号’と実験系統‘G004’との交雑第2世代94個体を用いた連鎖解析によって構築された遺伝連鎖地図は、ハクサイの基本染色体数と同じ10連鎖群から構成される(図1)。
2.
この連鎖地図は全長805cMであり、105のSSR、77のRFLP、59のRAPDの合計241マーカーが座乗し、平均マーカー間距離は3.3cMである。
3.
ハクサイでは上記を含めて361のSSR領域がSTS化されており、その系統間多型はPCRによって検出可能である(表1)。
4.
開発されたSSRプライマーは、その多くがキャベツ、ダイコンなどの別種のアブラナ科野菜にも利用でき、モデル植物であるシロイヌナズナに対しても約40%のプライマーが適用可能である(表2)。
成果の活用面・留意点 この知見は、ハクサイをはじめとするアブラナ科野菜の遺伝解析やマーカー育種法開発に広く利用可能である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023529
カテゴリ あぶらな 育種 キャベツ だいこん はくさい

この記事は