DNAマ−カ−によるイチゴの品種識別技術

タイトル DNAマ−カ−によるイチゴの品種識別技術
担当機関 (独)農業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 2001~2001
研究担当者 國久美由紀
松元哲
吹野伸子
発行年度 2002
要約 イチゴの品種間で異なった配列を持つ複数のDNA部位に着目し、これらの配列をDNAマーカーとして検出することにより、国内で流通している主要な品種を識別することができる。
キーワード イチゴ、育成者権、偽装表示、DNAマーカー、多型、品種識別
背景・ねらい イチゴの品種名は消費者によく知られており、大きさや鮮度とともに購買動機の一つとなっている。そのため「さちのか」等の人気品種は、育成者権を侵害した国内外での無断栽培や、店頭での品種偽装表示の対象とされる問題が発生している。そこでイチゴのDNAを解析することにより、外観による識別よりも正確な品種識別技術を確立し、育成者権の保護と偽装表示防止の一助とする。
成果の内容・特徴 1)
イチゴの品種間で異なるDNA配列を持つ多型部位5箇所(APX-MluIA、APX-MluIB、CHI-PvuII、F3H-NcoI、F3H-HpaII)をターゲットとする(図1:F3H-
HpaII部位)。
2)
品種の識別手順は以下の通りである。
・果実よりDNAを抽出する。
・PCR法によりDNA部位を増幅する。
・制限酵素で増幅DNAの切断処理を行う。
・アガロースゲル電気泳動により多型を検出する(図2)。
3)
最低5つのDNAマーカーを併用することにより、「章姫」と「けいきわせ」を除く12品種の識別が可能である(図3)。
4)
果実から識別までの所要時間(10~20サンプルの場合)は8時間程度である。
成果の活用面・留意点 1)
分析対象のイチゴ品種が上記12品種のいずれかである場合に、品種の特定が可能である。
2)
新たな品種を分析する場合、それに対応したマーカーの開発が必要である。
3)
本法の商業的使用に当たっては、PCR法の特許許諾を得る必要がある。
4)
本法によるイチゴの品種識別は、日本食品分析センターで受注している。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023478
カテゴリ いちご DNAマーカー 品種

この記事は