チャやツバキにも応用できる珪藻土を用いた植物DNAの迅速単離法

タイトル チャやツバキにも応用できる珪藻土を用いた植物DNAの迅速単離法
担当機関 (独)農業技術研究機構 野菜茶業研究所
研究課題名
研究期間 1998~2003
研究担当者 田中淳一
発行年度 2001
要約 珪藻土とスピンフィルターを用いて、フェノールやクロロフォルムを使わずに各種の植物から比較的高品質のDNAを短時間で抽出することができる。この方法はチャやツバキ等のDNAの抽出が困難な植物からの抽出にも使用できる。
キーワード DNA抽出、珪藻土、スピンフィルター、フェノール、クロロフォルム、チャ
背景・ねらい DNAマーカーによる選抜の実用化のためにはDNA抽出作業を含むマーカー検出作業の効率化が不可欠である。イネ等で行われている極めて簡易なDNA抽出方法ではチャでは実用に耐え得る品質のDNAが得られない。また、ツバキ等の一部の木本性植物では、CTAB法等の一般的な方法ではDNA抽出が困難である。これはポリフェノールや多糖類等を多量に含むためと考えられる。珪藻土とスピンフィルターを用いて短時間で高品質のプラスミドDNAをバクテリアから抽出する方法が開発されている。珪藻土とスピンフィルターを用いて植物材料から短時間でマーカー検出に耐え得る品質のDNAを抽出できる方法を開発する。
成果の内容・特徴 1.
破砕した植物組織をSDS等を含む緩衝液に懸濁・抽出の後、遠心にて粗抽出液を得、酢酸カリウム等による除タンパクの後、スピンフィルター上に移してカオトロピックイオンを含む溶液を加えて混和する。これに珪藻土を懸濁してDNAを吸着させ、スピンフィルターの遠心にてエタノールを含む緩衝液を用いて洗浄の後、DNA用緩衝液で溶出する(表1、図1)。この方法により、チャ葉から比較的高品質のDNAを短時間で抽出できる。
2.
抽出されたDNAはPCRによるDNA多型の検出やLong-PCR、制限酵素による消化、その後のアダプターの連結等に問題なく使用することができる。
成果の活用面・留意点 1.
DNA抽出が困難な植物を含む多くの植物種からのDNA抽出に利用できる(表2)。
2.
この方法はオランダイチゴ、イヌマキ、フェイジョア、キウイフルーツには適用できない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023446
カテゴリ いちご キウイフルーツ DNAマーカー フェイジョア

この記事は