良食味で「ラ・フランス」の10日前に収穫可能なセイヨウナシ新品種「メロウリッチ」

タイトル 良食味で「ラ・フランス」の10日前に収穫可能なセイヨウナシ新品種「メロウリッチ」
担当機関 山形農総研セ
研究課題名
研究期間 1984~2006
研究担当者 阿部芳幸
安藤栄壽
丸川崇
黒田潤
米野智弥
矢野和男
発行年度 2008
要約 セイヨウナシ「メロウリッチ」は「ラ・フランス」より10日程度早く収穫できる中生種である。糖度は16~17%と極めて高く、肉質は滑らかで香りは多く、食味濃厚である。追熟すると果皮色が黄緑色に変化し、「ラ・フランス」と比較して食べ頃が判りやすい。
キーワード セイヨウナシ、新品種、食味良好、中生種、「メロウリッチ」
背景・ねらい 本県特産のセイヨウナシの品種構成は「ラ・フランス」に偏重しているため、生産や流通上、大きな妨げとなっている。このことから、「ラ・フランス」より早い時期に収穫が可能で、商品性が高く、栽培性に優れたオリジナル優良品種の育成を図る。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過
    交雑親:「ミクルマス・ネリス」×「ラ・フランス」、交雑年:1984年(昭和59年)、品種登録出願:2007年(平成19年)、品種登録出願公表:2008年(平成20年)
  2. 生態及び樹体特性の概要(表1)
    1. 開花盛期は4月下旬~5月上旬で「ラ・フランス」より1~2日遅い。
    2. 収穫期は10月上旬で「ラ・フランス」より10日程度早い。
    3. 樹勢は中程度。主枝の発出角度は中程度で、太さはやや細く、開張しやすい。
  3. 果実特性の概要(表1、図1)
    1. 果形は不正円錐。果実重は270~290gで「ラ・フランス」よりやや小さい(表1)。
    2. 果皮色は、収穫時は緑黄色で追熟後は黄緑色に変わり、「ラ・フランス」に比較すると食べ頃が判りやすい。さびの発生は多く、ほぼ全面さびに覆われる場合がある。
    3. 可食期の糖度は16~17%で「ラ・フランス」より約2%高く、酸度は0.30g/100ml(リンゴ酸換算)前後で「ラ・フランス」よりやや高い(表1)。食味は甘酸ともに多く濃厚である。
    4. 果肉硬度は、収穫時は13.0~13.5ポンドで、可食期は2.0~2.5ポンド程度である(表1)。肉質はち密で滑らかで、果汁は多い。石細胞は「ラ・フランス」より多い。
    5. 香りの質は「ラ・フランス」に似ており、香りの量は「ラ・フランス」より多い。
    6. 輪紋病の罹病程度は「ラ・フランス」並みである。
    7. 果実の日持ち性は、20℃条件下で6日程度で、「ラ・フランス」並みである(表2)。
    8. 「バートレット」「オーロラ」「ゼネラル・レクラーク」「バラード」「ラ・フランス」「シルバーベル」「ル・レクチエ」とは交雑和合性である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 病害虫防除は「ラ・フランス」に準じて行う。
  2. 苗木の販売は、県単独事業で育成された品種であるため、当面は山形県内限定販売となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023338
カテゴリ 新品種 ばら 品種 病害虫防除 良食味 りんご

この記事は