キュウリホモプシス根腐病菌は3年以上土壌中に残存する

タイトル キュウリホモプシス根腐病菌は3年以上土壌中に残存する
担当機関 福島農総セ
研究課題名
研究期間 2005~2007
研究担当者 堀越紀夫
平子喜一
発行年度 2007
要約 キュウリホモプシス根腐病発生圃場の土壌中では、キュウリを3年間作付けしなくても本病菌は残存している。発病の程度は、水稲作付けした場合、年数の経過により低下してくるが、畑地では、3年経過しても低下は認められない。
キーワード キュウリ、ホモプシス根腐病、土壌残存年数
背景・ねらい キュウリホモプシス根腐病は、土壌伝染性の難防除病害である。本病害の防除対策としてクロルピクリンくん蒸剤によるマルチ畦内消毒があるが、薬剤コスト等を考慮すると圃場転換も重要な対策である。しかし、生産者からキュウリの管理や出荷作業の利便性から元の圃場にしたいとの要望があり、本病原菌のキュウリ作付けを断念した圃場で菌がどの程度の期間、残存しているか検討する。
成果の内容・特徴
  1. キュウリホモプシス根腐病発生圃場の土壌中で、キュウリを3年間作付けしなくても本病菌は残存する(表)。
  2. 畑地のままでは、3年経過しても発病度は低下しないが、水稲作付け2年目以降より発病度は低下する(表)。
  3. 病原菌の残存程度は、30cm までは土壌深度の違いによる差はない(表)。
成果の活用面・留意点
  1. キュウリホモプシス根腐病の防除指導の参考となる。
  2. 発生圃場では、3年経過しても菌が土壌中に残存しているので、再びキュウリを作付けする場合は、クロルピクリンくん蒸剤によるマルチ畦内土壌消毒を実施する。
  3. 本試験では発病度と菌密度の関係は不明であるため、発病度の低下が菌密度の減少を示しているわけではない。
  4. 土壌中での生存形態は、Pseudostoromata、Pseudomicrosclerotia 等と考えられるが不明である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023266
カテゴリ きゅうり コスト 出荷調整 土壌消毒 根腐病 防除 薬剤

この記事は