8月下旬開花の鮮青紫色のリンドウ新品種「ふくしましおん」

タイトル 8月下旬開花の鮮青紫色のリンドウ新品種「ふくしましおん」
担当機関 福島農総セ
研究課題名
研究期間 1994~2007
研究担当者 遠山芳弘
遠藤亮子
佐久間光子
発行年度 2007
要約 花色が鮮やかな青紫色で、福島県内の阿武隈山間や会津地方等のリンドウ主産地において8月下旬に開花するリンドウ新品種「ふくしましおん」を育成した。
キーワード リンドウ、育種、福島県オリジナル品種
背景・ねらい 福島県の花き生産の振興を図るために、本県が特に重点品目としているリンドウについて、特色のある県オリジナル品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 母株にエゾリンドウの晩生系実生選抜系統、父株にエゾオヤマリンドウの中生系実生選抜系統を交配して得られた一代雑種(F1)品種である。
  2. 福島県内の主要リンドウ産地における開花盛期は、8 月下旬である(表1)。
  3. 花色は鮮青紫色である(表1、図2)。
  4. 生育揃いが良く、草姿のバランスも良い(図1、2)。
  5. 花段数は8 段。開花の順序は中段からであるが頂花の咲き揃いが良い(表1、図2)。
  6. 定植3 年目株の草丈は130cm、茎立数は13 本と多く、旺盛な生育を示す(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 8 月下旬開花であるため、既育成品種との組み合わせにより、県オリジナルリンドウ品種による作付け体系を充実させることが可能となる。
  2. 本品種の種苗供給は、当面福島県内のみとする。
  3. 病害抵抗性は付与していないため、慣行と同様の適期防除が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023205
カテゴリ 育種 栽培技術 新品種 品種 病害抵抗性 防除 りんどう

この記事は