白色スプレータイプのリンドウ新品種「ハイネスホワイト」の育成

タイトル 白色スプレータイプのリンドウ新品種「ハイネスホワイト」の育成
担当機関 山形農総研セ
研究課題名
研究期間 1991~2005
研究担当者 五十嵐徹
工藤則子
佐藤武義
小野惠二
西村林太郎
発行年度 2007
要約 ササリンドウにエゾリンドウを交雑して育成したリンドウ新品種「ハイネスホワイト」は、側枝の発生が多くスプレータイプのしなやかな草姿で、開花盛期は8月下旬である。花色は緑白に浅黄緑の縞となり、切り花ボリュームが優れる。
キーワード リンドウ、新品種、交雑
背景・ねらい 中山間地農業の活性化とリンドウ産地の競争力強化を図るため、本県の気象条件に適したオリジナルリンドウ新品種を育成する。育種目標は、株が強健で生産性が高く、新規需要開拓が期待できる洋花的な品種とする。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過
    1. 種子親に花色が白系の10月咲きササリンドウ系統、花粉親に同じく白系の8月咲きエゾリンドウ系統を交雑して育成されたF品種である。
    2. 1999年に育成を完了し、2000年から2001年に現地適応性調査を行い、優良性が認められたことから、2005年8月に種苗法による品種登録を出願し、2006年7月に出願公表となっている。
  2. 特性の概要
    1. 植物体は、直立性で切り花に適する(表1、図1)。
    2. 側枝は多数発生し、側枝の先端には1節または複数節着花し、スプレータイプのしなやかな草姿である(表1、図1)。
    3. 葉の形状は披針形で、着生角度は水平である(表1、図1)。
    4. 開花盛期は8月下旬である(表1)。
    5. 花は主茎上部および中下部に発生した側枝に着花し、茎中部の側枝から開花する。切り花1本当たりの総着花数は30~50輪で、切り花ボリュームが優れる(表1、図1)。
    6. 花冠の形状は鐘形で先端はやや外反転し、花冠外面色は緑白に浅黄緑の縞となり、花冠外面の斑点は多くない(表1、図2)。
    7. 頂部1花開花時に切り花収穫した場合の花持ち日数は11日程度である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 種苗供給は山形県内に限る。
  2. 茎葉がしなやかであるため、フラワーネットを多段数使用することが望ましい。
  3. 開花期は年次により変動する可能性がある。
  4. 花持ち性を確保するため、咲きすぎないように収穫時の切り前に注意する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023203
カテゴリ 育種 新品種 中山間地域 品種 りんどう

この記事は