微酸系の爽やかな食感を呈するリンゴ新品種「ゆめあかり」

タイトル 微酸系の爽やかな食感を呈するリンゴ新品種「ゆめあかり」
担当機関 秋田農技セ果試
研究課題名
研究期間 1987~2004
研究担当者 佐々木美佐子
佐藤廣
小林香代子
照井真
上田仁悦
丹波仁
発行年度 2007
要約 リンゴ新品種「ゆめあかり」は、10 月中旬に収穫可能な中~やや大玉の中生種である。腰高の果形に鮮紅の果皮色を呈し、外観は優れる。多汁で緻密な肉質を有し、微酸系の食味である。室温で約2週間、冷蔵(1±1℃)で11 月下旬まで貯蔵可能である。
キーワード 新品種、リンゴ、「ゆめあかり」、中生種
背景・ねらい 「ふじ」に偏った品種構成を是正するため、本県の気象条件に適し、10 月中旬に収穫可能な市場性の高いオリジナル新品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 育成経過
    1. 本品種は、昭和62 年に「はつあき」に「千秋」を交雑し、平成10 年に1次選抜し、翌11 年から現地試験を開始、平成16 年秋に育成を完了した。
    2. 平成17 年3月、県職務育成品種審査会の承認を経て品種登録申請を行い、平成19年3月15 日に品種登録された。
  2. 特性
    1. 本品種の自家不和合性に関与する遺伝子型は、S3 とS7 であり、同様の遺伝子型である「つがる」と「未希ライフ」を除く主要な品種とは、交雑和合性を示す。
    2. 開花期は「ふじ」とほぼ同時期であり、育成地(横手市)では満開160 日前後(暦日で10 月中旬)に収穫期を迎える(表2)。
    3. 着色は容易で鮮紅色に着色し、腰高の果形で優れた外観を有する(図1)。
    4. 花芽の着生および果実肥大は良好で玉揃いも良く、豊産性である。
    5. 糖酸比35 前後と微酸系の食味であり、肉質が緻密で果汁も多いことから爽やかな食感を呈する。(表1)。
    6. 常温で約2週間、冷蔵(1±1℃)で11 月一杯貯蔵可能である。収穫時および貯蔵中のワックスの発生程度は、無~微であり、収穫期が遅れてもほとんど発生しない。
    7. 結実後の早期落果および後期落果は、ともに認められない。
    8. 通常の防除体系下で特に問題となる病害虫の発生は認められない。
成果の活用面・留意点
  1. 着色管理に苦労している「ジョナゴールド」を更新対象に導入を図る。
  2. 樹勢の強い樹では大果になり、400 gを超えるような果実は食味も淡泊になりやすい。このため、本品種はわい性台での栽培が望ましいが、普通台樹へ高接ぎ更新する際は、樹勢の落ち着いた樹に行い、窒素施肥量を減ずるなど適樹勢への誘導に努める。
  3. 本品種の配布は、今後数年間、秋田県内のみに限る。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023181
カテゴリ 害虫 新品種 施肥 高接ぎ 品種 防除 良食味 りんご

この記事は