リンドウ「こぶ症」の原因がほ場畦畔に存在する可能性がある

タイトル リンドウ「こぶ症」の原因がほ場畦畔に存在する可能性がある
担当機関 岩手農研
研究課題名
研究期間 2002~2006
研究担当者 千葉賢一
阿部潤
竹澤利和
岩舘康哉
発行年度 2006
要約 リンドウ「こぶ症」発生ほ場の畦畔には、何らかの「こぶ症」原因が存在する可能性が示唆された。
キーワード リンドウ、「こぶ症」、畦畔
背景・ねらい リンドウ「こぶ症」はほ場畦畔際から発生が始まり、年ごとにほ場内側に向かって発生域が拡大していく発生様相から、土壌伝染性病害の可能性も疑われている。しかし、「こぶ症」ほ場の欠株跡にリンドウ苗を補植すると「こぶ症」を発症するが、発生ほ場から採取した土壌でリンドウをポット栽培しても症状は再現されず、土壌伝染性については未だ証明されていない。一方で、土壌物理性や化学性、ホルモン系除草剤など、非生物的要因についても様々な検討が行われてきたが、これらとの関連も認められていない。
最近の研究で、培養植物体において「こぶ症」の接木伝染性が確認されるなど、何らかの病原体の関与が強く示唆されているものの、既知の病原体は未だ検出されていない。
本課題では、リンドウのセル苗を「こぶ症」発生ほ場の畦畔に直接定植して、「こぶ症」の原因の所在について検討した。
成果の内容・特徴
  1. リンドウ「こぶ症」多発ほ場の畦畔にリンドウのセル苗を定植したところ、翌年には数株に「こぶ症」の発症が認められた(図1)。
  2. 定植翌々年の春に、同畦畔から全株を掘り上げて農研センターに持ち帰り、リンドウ専用培土を詰めたコンテナに移植して栽培したところ、すべての株が発症した(図2)。
  3. これらの結果から、「こぶ症」発生ほ場の畦畔には、何らかの「こぶ症」原因が存在する可能性が示唆された。
成果の活用面・留意点
  1. リンドウ「こぶ症」に関する研究、指導上の基礎的知見となる。
  2. 同じ畦畔から土壌を採取して農研センターに持ち込み、リンドウを定植した場合は、症状が再現されていない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023066
カテゴリ 栽培技術 除草剤 りんどう

この記事は