ナンブコムギの冬期播種栽培における窒素施肥法

タイトル ナンブコムギの冬期播種栽培における窒素施肥法
担当機関 岩手農研
研究課題名
研究期間 2004~2006
研究担当者 荻内謙吾
高橋昭喜
作山一夫
高橋大輔
及川一也
発行年度 2006
要約 ナンブコムギを用いた冬期播種栽培において、普通畑、初年目水田転換畑のいずれも基肥窒素量を10kg/10aとすることで、秋播栽培並みの収量を確保することができる。さらに、穂揃期の窒素追肥を組み合わせることで、用途に応じた子実タンパク質含有率を確保できる。
キーワード コムギ、子実タンパク、窒素施肥、冬期播種栽培、ナンブコムギ
背景・ねらい 小麦の冬期播種栽培は、作業競合の回避、省力、連作障害回避、作期分散の技術として県内に普及しているが、収量性は慣行の秋播栽培よりもやや劣っていた。また、国産麦は、平成17年産からランク区分が設定され、用途ごとに品質分析の項目と基準が定められた。特にナンブコムギは、日本めん用とパン用の二つの用途に区分されるため、用途に応じた子実タンパク質含有率を確保することが求められている。そこで、ナンブコムギの冬期播種栽培において、多収化と用途別の子実タンパク質含有率確保ための窒素施肥法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. ナンブコムギの冬期播種栽培においては、基肥窒素量の増量により収量が高まり、普通畑、初年目水田転換畑のいずれの圃場においても、基肥窒素量10kg/10aで秋播栽培並みの収量を確保することができる(図1)。一方、穂揃期窒素追肥の増収効果は、基肥窒素ほどは高くない(図2)。
  2. 子実タンパク質含有率は、普通畑が初年目水田転換畑よりも高い(図1、図2)。普通畑では基肥窒素量の増加とともに子実タンパク質含有率も高まるが、初年目水田転換畑ではほとんど変化がみられない(図1)。一方、穂揃期の窒素追肥は、子実タンパク質含有率を増加させる効果が高く、特に初年目水田転換畑において顕著である(図2)。
  3. 子実タンパク質含有率は出穂期の葉色値と相関がみられることから、出穂期の葉色値により子実タンパク質含有率の大まかな傾向を把握することが可能である(図3)。
  4. 用途(日本めん用およびパン用)に応じた子実タンパク質含有率を確保するため、圃場別の穂揃期窒素追肥の対応を下表のとおりとする(図2、図3)。



成果の活用面・留意点
  1. 供試した圃場の土壌タイプは黒ボク土である。
  2. 普通畑における冬期播種栽培は、無追肥でも子実タンパク質含有率が11.3%を上回る場合があるので、日本めん用の区分となっている地域は注意が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010023027
カテゴリ 小麦 水田 施肥 播種 連作障害

この記事は