細断型ロールベーラを活用した予乾体系における稲発酵粗飼料の品質向上技術

タイトル 細断型ロールベーラを活用した予乾体系における稲発酵粗飼料の品質向上技術
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 東北農業研究センター
研究課題名
研究期間 2004~2005
研究担当者 河本英憲
魚住順
山口弘道
出口新
大谷隆二
田中治
渡邊寛明
発行年度 2005
要約 稲発酵粗飼料の予乾収穫・調製作業体系において、細断型ロールベーラを活用することにより、材料草が高密度梱包され、それに伴い乳酸発酵が促進され、長期貯蔵時のサイレージ品質の安定性を向上できる。
キーワード 細断型ロールベーラ、飼料イネ、サイレージ
背景・ねらい
細断された飼料用トウモロコシを高密度なロールベールに成形できる細断型ロールベーラの普及が始まっている。一方、飼料イネの生産量が増加するにつれ、長期間にわたって安定した品質が保持できる調製貯蔵技術が求められている。そこで、細断型ロールベーラを予乾収穫体系における稲発酵粗飼料の調製に活用した場合の品質向上効果を明らかにする。

成果の内容・特徴 1. 細断型ロールベーラによって、水分60∼30%の細断された飼料イネは重さ240∼190kg、乾物密度190∼250kg/m³程度の高密度なロールベールに成形できる(図1)。
2. 予乾体系では従来型の稲発酵粗飼料においても水分低下によって酪酸生成は抑制されるが酵母などによるエタノール生成は抑制されない。一方、細断された材料草が高密度に梱包された細断型稲発酵粗飼料では乳酸発酵が促進されるとともに、長期貯蔵した場合でもエタノールが低く、酵母などによる変敗リスクが低減する(図2)。
3. 低水分域においても、細断型稲発酵粗飼料は乳酸含量が高く、pHが4程度まで低下するが、この乳酸発酵による酸性化は肥育牛の採食性に悪影響を及ぼさない(図3)。
4. 細断型稲発酵粗飼料は、高密度梱包と乳酸発酵の促進によるpH低下によって、発酵損失やカビによる破棄量が少なく、長期貯蔵した場合でも乾物損失が低減される(図4)。


成果の活用面・留意点
1. 開発中の刈取り機構を持つ自走タイプを含め、細断型ロールベーラの稲発酵粗飼料調製への利用を促進させ、稼働率の向上が期待できる。
2. 現在市販されているトラクタけん引タイプは、ハーベスタなどの細断収穫体系が整っていることが不可欠であり、伴走収穫を行う場合には地耐力が確保された大区画圃場に限定される。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022999
カテゴリ 飼料用作物 長期保存・貯蔵 とうもろこし 保存・貯蔵

この記事は