エラータム系デルフィニウムの新品種育成とその特性

タイトル エラータム系デルフィニウムの新品種育成とその特性
担当機関 青森農林総研フラワーセ
研究課題名
研究期間 1996~2005
研究担当者 今 満
後藤 聡
佐々木直子
発行年度 2005
要約 雑種強勢育種法により、晩生で八重濃紫青色の「青フラDel交1号」及び晩生で八重浅青色の「青フラDel交6号」を、海外から導入した種子由来の実生から晩生で八重淡緑黄色の「青フラDel9号」を育成し、その特性を明らかにした。
キーワード デルフィニウム、エラータム系、新品種、雑種強勢育種、栄養系
背景・ねらい デルフィニウムは冷涼な気候に適し、需要も伸びていることから、青森県では振興品目の一つとしている。しかし市販品種は花色やボリューム等の切り花品質のバラツキが大きく生産上の課題となっている。そのため、これらの品質に優れ揃いの良い品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 育成した3品種のエラータム系デルフィニウムの来歴は以下のとおりである。
    「青フラDel交1号」は「ブルーバード」及び「クリアスプリングスライトブルーシェード」の選抜自殖系統を交雑した一代雑種品種である。
    「青フラDel交6号」は「クリアスプリングスライトブルーシェード」及び「クリアスプリングス」混合種子由来実生の選抜自殖系統を交雑した一代雑種品種である。 「青フラDel9号」は海外から導入した種子由来の実生を選抜し、組織培養により増殖を行い育成した栄養系品種である。
  2. 「青フラDel交1号」は春定植で7月下旬に開花する晩生で、花は八重でがく片は濃 紫青色(JHSカラーチャート7606)、赤味が少なくボリュームのある品種である。市販品種と比較して切り花長及び花穂長が長く、小花数が多く、品質の揃いが良い(表1・2、図1)。
  3. 「青フラDel交6号」は春定植で7月下旬に開花する晩生で、花は八重でがく片は浅青色(同7303)、赤味が少なく小花数が多い品種である。市販品種と比較して切り花長及び花穂長が長く、小花数が多く、品質の揃いは同程度である(表1・2、図1)。
  4. 「青フラDel9号」は春定植で7月下旬に開花する晩生で、花は八重でがく片は市販品種には珍しい淡緑黄色(同2903)の品種である。市販品種と比較して切り花長は長く、花穂長及び小花数は同程度で、品質の揃いが良い。(表1・2、図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 青森県内全域に普及を図る。
  2. これらの品種は平成17年度に品種登録出願を行う予定である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022965
カテゴリ 育種 カラー 栽培技術 新品種 新品種育成 デルフィニウム 品種

この記事は