梅の果肉を連続的に割る梅割機

タイトル 梅の果肉を連続的に割る梅割機
担当機関 福島農試
研究課題名
研究期間 2000~2005
研究担当者 青田聡
影山義春
棚橋紺
大河内栄
太田弘志
発行年度 2005
要約 梅の砂糖漬けを加工する際に行われる梅割作業を連続に行える梅割機である。梅割機を用いると高精度、高能率に梅割を行うことができ、核取り作業も容易になる。
キーワード ウメ、梅割、核取り、砂糖漬、加工
背景・ねらい 果肉が硬いカリカリ甘梅漬と言われる砂糖漬(写真1)を加工する際、味が良く染み込むよう果肉に割れ目を入れる梅割をしている。現在、梅割は人力で一果ごとに梅をつぶし切れ目を入れており、多いときには1日に数千個も割ることもあり、この作業はかなりの重労働である。このため、梅割の機械化が求められ、高能率で簡易な機構の梅割機を開発する。また、梅に割れ目を入れ、核を取り除いてから漬ける産地もあるため、梅割機を利用した梅の核取り機構も併せて開発する。
成果の内容・特徴
  1. 梅割機はモータ駆動のロール式で、対になったロールの間隙で梅をつぶすことで梅割りを行う(図1)。周速度が同程度のロール1、2の間隙に梅を投入すると、間隙に挟み込まれ梅は割れる。
  2. 梅割は連続で行うことができ、作業能率は1時間あたり約6,000個/人となり、人力作業の5倍にスピードアップすることができる(写真2、図2)。
  3. ロール間隙に梅が一個ずつ入るように、ロール2には搬送用の溝を設けている(図1)。
  4. ロール1、ロール3の軸をロール2の軸方向にバネで押し付けているため、梅の大きさにバラツキがあってもロール間隙が可変し、確実に梅を割れる(図1)。
  5. 核取り機構として付加した周速度が速いロール3とロール2の間隙にロール1、2で梅割した梅を投入すると果肉から核が剥がれやすくなり、核取り作業も容易になる(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 梅の大きさや硬さに合わせて、ロール間隙、バネの押し付け強さ等を調節する。
  2. 梅割だけで核を取らない場合は、ロール3を取り外すこともできる。
  3. 梅割機は福島県郡山市の企業が福島県から許諾を得て、平成17年6月から市販している。
  4. 梅以外にもソテツの実のような硬いものも連続で破砕できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022920
カテゴリ うめ 加工 機械化

この記事は