JM7台木を利用したリンゴの不織布ポット養成苗による大苗移植栽培法

タイトル JM7台木を利用したリンゴの不織布ポット養成苗による大苗移植栽培法
担当機関 岩手農研セ
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 小野浩司
佐々木仁
発行年度 2005
要約 市販の不織布ポットを利用したリンゴ2年生苗/JM7は、定植時にポットに切れ込みを入れることにより、花芽着生率が向上し、定植翌年から収穫可能となるため、結実年限の短縮化が図られる。
キーワード リンゴ、JM7、ポット養成苗、不織布ポット
背景・ねらい リンゴのわい化栽培では、植栽後単年度収支の採算が合うまで5~6年と長く、新・改植が進まない要因となってきた。ポットを利用した大苗養成による移植栽培は結実年限の短縮に大きな効果があり、岩手県の生産現場では、自家製ポットを利用し、M系台木による養成苗の移植栽培が普及している。
一方、M系台木に比べJM7台木は発根性が高く、生産者による効率的な苗木生産が可能であることから、市販の不織布ポットを利用したポット養成苗による大苗移植栽培法について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 市販の不織布ポットを利用して1年間養成したリンゴ2年生苗/JM7は、定植時にポットを除去した苗に比べ、ポットに切れ込みを入れ定植した苗で、定植2、3年目の花芽着生率が増大する。ポットに切れ込みを入れた苗の2年目の花芽着生率は、ポットを除去した場合の約5倍となり、定植翌年から収穫可能である。(図1、2)
  2. ポットを除去した場合に比べ、ポットをつけて定植した苗では、樹容積の拡大が抑制されるが、切れ込みを入れることにより、ポット外への根の発生が促進されるため、その後の生育が順調である。(図3、4)
  3. 定植時の切れ込みは、カッター等により、ポットの周囲に6~8ヶ所程度とする。この際、強度保持のためポットの上部まで切れ込みを入れないよう注意する。(図4)
  4. 用いた不織布ポット(商品名:JマスターK18)は口径18cm、深さ18cmの円筒状のポットで、側面は貫根型不織布、底面は透水性遮根型不織布である。培土等を入れた重量は2~2.5kg程度で軽く、定植作業が容易である。
  5. 市販の生分解性ポット(商品名:テラマックポット)は、ポット外への根の発生量が不織布ポットより良好となり、切れ込みが不要で、そのまま定植可能である。(データ省略)
成果の活用面・留意点
  1. 穂品種は「みしまふじ」とし、接ぎ木挿し苗を利用した。
  2. 有効土層が浅い、地下水位が高く水はけが悪いなど、土壌条件が悪い場合は、樹勢が劣る場合がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022891
カテゴリ 改植 栽培技術 台木 接ぎ木 苗木生産 品種 りんご わい化

この記事は