果樹剪定枝の敷料利用

タイトル 果樹剪定枝の敷料利用
担当機関 福島畜試
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者 栗原三枝
小林寛
発行年度 2005
要約 果樹(もも、りんご)剪定細断枝はオガクズと1:1の割合で混合することで、敷料として利用可能である。また、果樹剪定細断枝と戻したい肥を用い、高さ60cmの発酵床とした場合、床の最高温度が54℃まで上昇し、果樹剪定細断枝の発酵床としての利用が可能である。
キーワード 果樹剪定枝、敷料、牛床、発酵床
背景・ねらい ふん尿の適正な処理のために不可欠な敷料資材の入手が困難になっている。また、ふん尿処理作業の省力化が求められていることから、イナワラ等に代わる敷料資材を探索し、省力的で低コストなふん尿処理利用技術を確立する必要がある。ここで、福島県県北地方の果樹農家で発生している剪定枝はりんごとももだけでも面積2,839haで12,636tとなり(全国平均400kg/10a発生)、処理に苦慮している果樹敷料利用について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 牛の床に対する快適性を示す横臥時間割合から、果樹剪定枝とオガクズを1:1で混合した区の方が、オガクズ100%に比べ、7:3で混合した区よりも、牛の快適性が良く(図1)、切り返し時の作業性も良い。
  2. 牛床を、上層に果樹剪定細断枝とオガクズを同量ずつ混合したもの、中層に戻したい肥、下層に果樹剪定細断枝を用いて三層にし、小型ロータリーで1~3週間間隔で表層攪拌すると、床の温度は上層で53度Cまで上昇した(表1)。床の内部の水分は中間層で低く、上層と比べて30%程度の差がある(図2)。床の温度と水分から、果樹剪定枝が発酵床として利用可能である。
  3. 牛床を、上層に果樹剪定細断枝と戻したい肥を同量ずつ混合したもの、下層に果樹剪定細断枝を用いて二層にし、小型ロータリーで1週間間隔で表層攪拌すると、床の温度は上層で54度Cまで上昇した(表1)。床内水分は、下部で約30%と最も低くなり、上部と比べて30%の差があり、最下部とは40%の差がある(図3)。床の温度と水分から、果樹剪定枝の発酵床としての利用で、戻したい肥との併用も可能である。
  4. 果樹剪定細断枝を利用することにより、オガクズの価格を4,000円/tとして、1,000円/月から4,000円/月のコスト削減が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 果樹剪定枝の処理あるいは牛床の敷料不足時に活用できる。
  2. 発酵床の表層を定期的に攪拌することで、長期の利用が可能。
  3. 果樹剪定枝中に性フェロモン剤のディスペンサーが混入していないこと。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022877
カテゴリ コスト 省力化 性フェロモン 低コスト もも りんご

この記事は