生菌剤、キトサンを活用した抗菌性飼料添加物に頼らない比内地鶏生産

タイトル 生菌剤、キトサンを活用した抗菌性飼料添加物に頼らない比内地鶏生産
担当機関 秋田畜試
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者 石塚条次
力丸宗弘
発行年度 2005
要約 抗菌性飼料添加物の代用として、飼料に生菌剤あるいはキトサンを添加することによって、有薬飼料と変わらない費用でほぼ同等の生産成績を得ることが可能となり、抗菌性飼料添加物に頼らない飼育ができる。
キーワード 肉用鶏
背景・ねらい 近年食品の安全性や品質に対する消費者の関心が高まってきており、安全な食料の生産と供給が求められている。鶏肉においても抗菌性飼料添加物を使用しない鶏肉生産へのニーズの高まりが見られる。
EU諸国では2006年から家畜飼料に成長促進を目的とした抗生物質の添加が禁止されることになっており、今後は世界的にこのような動きが予想される。こうした情勢に対応するため、本県の特産品として定着している秋田比内地鶏においても、飼料に抗菌性飼料添加物を添加しない飼養技術を確立する必要がある。
抗菌性飼料添加物を除いた前期・中期飼料にその代用として考えられる生菌剤(0.67%)、キトサン(1%)を70日齢まで添加し、比内地鶏の発育及び経済性について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 育成率は生菌剤区、キトサン区とも95%以上と良好であった(表2)。
  2. 70日齢の体重では、有薬飼料区>キトサン区>無薬飼料区>生菌剤区の順となり、有薬飼料区は他の区より有意(P<0.05)に体重が大きかった。(表1)
  3. 試験終了時の154日齢では、キトサン区>無薬飼料区>有薬飼料区>生菌剤区の順となったが、各区間に有意な差は認められなかった。(表1)。
  4. 飼料要求率は有薬飼料区が1番優れ、生菌剤区、キトサン区、無薬飼料区の順となった(表2)。
  5. 生産指数は有薬飼料区が一番優れていた。生菌剤区、キトサン区、無薬飼料区では差は認められなかった(表2)。
  6. 生菌剤区では添加に要する費用を加えても有薬飼料より安く生産することができる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 今回使用した生菌剤では1羽当たり約15円、キトサンでは約12円の費用がかかる。
  2. 抗菌性飼料添加物を除いた前期・中期飼料を購入するためには、飼料会社との交渉が必要となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022874
カテゴリ 生菌剤

この記事は