スーダングラスおよびスーダン型ソルガムの肥培管理

タイトル スーダングラスおよびスーダン型ソルガムの肥培管理
担当機関 岩手農研セ
研究課題名
研究期間 2003~2005
研究担当者 濱戸もえぎ
砂子田哲
川畑茂樹
佐藤直人
発行年度 2005
要約 草地更新時において化学肥料単独施用の場合は5kgN/10a以下とし、刈取時期はスーダングラスは出穂期以降、スーダン型ソルガムでは開花期以降とする。たい肥(牛ふん)施用の場合は5t/10a以下とし、刈取時期は化学肥料と同様にスーダングラスは出穂期以降、スーダン型ソルガムでは開花期以降とする。
キーワード スーダングラス、スーダン型ソルガム、生育特性、肥培管理
背景・ねらい 家畜糞尿を有効に活用でき、栄養収量の高い飼料用トウモロコシの作付面積は、労力不足等の関係から年々減少する傾向にあり、家畜のふん尿を有効に利用する機会が減少している。また、採草地では家畜ふん尿を施用する機会が少なく、年3~4回の刈取でも年間の乾物収量は700kg/10a程度である。加えて、採草地では更新が行われず荒廃している例も見うけられる。
そのなかで、一年生飼料作物のスーダングラス及びスーダン型ソルガムは牧草と同様に収穫ができ栽培体系の中で家畜ふん尿の有効利用が可能であり、草地の更新時に利用できる作物と考えられる。このことから、2草種について肥培管理を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 窒素吸収量の増加に伴い、植物体中の硝酸態窒素含有率も増加する(図1)。
  2. 硝酸態窒素含有率は生育が進むにつれて低くなる(図2)。
  3. このことから、植物体中の硝酸態窒素含有率が危険値(乾物中0.2%)を超えないようにするために化学肥料単独施用の場合は5Nkg/10a以下とし、刈取はスーダングラスでは出穂期以降、スーダン型ソルガムでは開花期以降とする(表2、図2)。
  4. たい肥を施用した場合は5t/10a以下とし、刈取時期は化学肥料と同様の時期にする(表2、図2)。
成果の活用面・留意点
  1. スーダングラス及びスーダン型ソルガムを栽培について指導する際の参考資料となる。
  2. トウモロコシ栽培などで堆肥を長期間連用している圃場においては、土壌からの窒素供給が見込まれるため、化学肥料の無施肥栽培でも硝酸態窒素含有率が危険値を超える場合があるので留意する。
  3. 今回利用したたい肥は、乳牛ふんと肉牛ふんの混合物を1ヶ月程度堆積したものである。現物中の窒素成分は約0.5%であった。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022872
カテゴリ 栽培体系 飼料作物 飼料用作物 施肥 ソルガム とうもろこし 肉牛 乳牛 肥培管理

この記事は