ヘラオオバコ乾草給与が地鶏の発育及び肉質に及ぼす影響

タイトル ヘラオオバコ乾草給与が地鶏の発育及び肉質に及ぼす影響
担当機関 青森農林総研畜試
研究課題名
研究期間 2002~2003
研究担当者 西藤克己
田村良文(東北農研)
発行年度 2005
要約 地鶏に対するヘラオオバコ乾草の給与は、腹腔内脂肪率を減少させ、むね肉及びもも肉の色相角度を高め、浅胸筋の脂質過酸化度及び肝臓の酸化臭成分(ヘキサナール)の濃度を低減する効果がある。
キーワード 地鶏、体重、腹腔内脂肪率、肉色、脂質酸化度、ヘラオオバコ
背景・ねらい ハーブの一種、ヘラオオバコ(Plantago lanceolata L.)は、わが国には江戸時代末期に渡来し、青森県内でも広く分布している。その機能成分はActeoside、Aucubin及びCatalpolを主に蓄積する。これらの成分については薬学的に抗酸化作用、抗菌作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用及び鎮静作用を持つことが明らかにされている。
羊への給与試験では増体は劣るが、脂肪が少ない赤肉生産性の向上や肉の臭みの低下が報告されている。
そこで、ヘラオオバコの乾草を地鶏に給与し、発育及び肉質に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. ヘラオオバコ乾草を配合飼料に対して5%添加し地鶏に給与すると、体重は0%区に比べ、雄で5%、雌で9%減少し、飼料摂取量は雄で6%、雌で3%減少する(表1、表3)。
  2. むね肉色の黄青度、色相角度及びもも肉色の色相角度が0%区に比べ有意に高く、黄色の色相が強くなる。
  3. 腹腔内脂肪率は雄で有意に低下し、雌でも低下の傾向がある。(表2、表3)。
  4. 浅胸筋の脂質過酸化度(TBARS)及び肝臓の酸化臭成分(ヘキサナール)濃度は0%区に比べ低い傾向がある。一方、肝臓トリグリセリド濃度、肝臓脂肪酸組成及び肝臓ビタミンE濃度は有意な差異が認められない(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 脂肪付着の低減や貯蔵性の向上、酸化臭気の低減などの特徴ある鶏肉生産に使える。
  2. 増体が低下するので給与方法に留意する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022869
カテゴリ

この記事は