卵黄卵白重比が極めて高い青色卵実用鶏の開発

タイトル 卵黄卵白重比が極めて高い青色卵実用鶏の開発
担当機関 青森農林総研畜試
研究課題名
研究期間 2004~2005
研究担当者 西藤克己
廣田聡子
貝森一夫
発行年度 2005
要約 育成率及び生存率がそれぞれ95.0及び95.8%、ヘンデイ産卵率が80.2%、43週齢卵重及び卵黄重がそれぞれ57.3g及び18.5gで、卵黄卵白重比が55.3%の青色卵実用鶏を開発した。
キーワード 卵用鶏、卵重、卵黄重、卵黄卵白重比、青卵殻色
背景・ねらい 卵用鶏における卵重の改良は著しいが、卵黄卵白重比(卵黄重÷卵白重)が低下している(三好・光本1994)。そこで卵黄卵白重比を高くする選抜を行ってきた系統を交雑利用することによって、卵黄卵白重比の高い実用鶏が造成できることを明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 新青色卵鶏(図1)の交配様式
    あすなろII系(雄)×卵黄卵白比高選抜系(雌)
  2. 新青色卵鶏の平均能力及び特徴
    1. 平均能力
    2. 特徴
      1. 青色卵を生産する(図2)。
      2. 強健・多産、MS規格卵(52~58g)を生産する(上表)。
      3. 卵黄卵白重比が市販卵より極めて高い(表1、表2)。
      4. 販売価格は市販卵の1.5~3倍が想定され1.5~4.5倍の利潤が見込まれる(表3)。
  3. 新鶏種の素ヒナの入手先
    青森県農林総合研究センター畜産試験場 TEL:0175-64-2231
成果の活用面・留意点
  1. 一般鶏卵とは異なる卵殻色・優れた卵黄特性をもつため差別化生産に使える。
  2. 小躯・多産のため卵用鶏の栄養要求量を満たす完全配合飼料を不断給餌する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022867
カテゴリ

この記事は