スプレーギク新品種「オータムプリンセス」の育成とその特性

タイトル スプレーギク新品種「オータムプリンセス」の育成とその特性
担当機関 宮城農園研
研究課題名
研究期間 1994~2004
研究担当者 佐々木厚
佐藤泰征
鈴木誠一
発行年度 2004
要約 やや小輪、淡紫ピンクのアネモネ咲きである秋ギク型スプレーギク新品種「オータムプリンセス」を育成した。この品種は到花週数が低温期で7週程度で、宮城県の気象条件に適し、周年栽培が可能である。
キーワード スプレーギク、品種、オータムプリンセス、アネモネ咲き、周年栽培
背景・ねらい 園芸振興を図る上で、オリジナル品種の育成が極めて重要な課題となっている。そこで、生産が拡大している品目のスプレーギクにおいて、本県の気象条件に適し、多彩な花色や花形をもち、施設での周年栽培が可能な秋ギク型新品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「オータムプリンセス」は、秋ギク型品種を母株として自然交雑し、実生株から選抜、育成したスプレーギク新品種である。
  2. 施設栽培用の秋ギク型切り花品種である。花はやや小輪、淡紫ピンクのアネモネ咲きで、花房形は円筒形である(図1、表1)。
  3. 栽培期間が従来の秋ギク型品種より短く、消灯から開花までの到花週数は低温期で7週程度である(表2、3)。
  4. 冬期の無摘心栽培では、切花重が重く、花首長の短縮が少ないなど切り花品質が優れる。また、夏期の摘心栽培では、花房形の乱れがないなど切り花品質が優れる。したがって、本県の気象条件に適し、周年栽培が可能である(表2、3)。
成果の活用面・留意点
  1. 現地適応性検定は本県の平野部と山間部で行った。
  2. 2004年度に品種登録出願を行い、受理された。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022852
カテゴリ アネモネ きく 施設栽培 新品種 品種

この記事は