Web上で活用できる中山間地域におけるマーケティング支援システム

本システムは、中山間地域の農産物を対象に、消費モニター制度とWebマーケティング支援システムを体系化したもので、Web上で利用でき中山間地域のマーケティング戦略が策定できる。 モニター制度、マーケティング支援システム、マーケティング戦略
タイトル Web上で活用できる中山間地域におけるマーケティング支援システム
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 東北農業研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2003
研究担当者 下山禎
野中章久
飯坂正弘
磯島昭代
渡辺満
森山真久
発行年度 2003
要約
キーワード
背景・ねらい alt=""
わが国の中山間地域では中小産地がほとんどを占めるが、産地間競争の激化に伴い、独自のマーケティング戦略の展開が求められている。それに対し、中山間地域の中小産地のマーケティング戦略策定を支援するマーケティング支援システムを開発した。
alt=""
成果の内容・特徴 1.
このシステムは、消費者ニーズ把握のためのモニター制度とマーケティング支援方策を体系化したWebマーケティング支援システムで構成される(図)。
2.
Webマーケティング支援システムは、「掲示板」、「物産紹介のページ自動作成」、「生産者紹介のページ自動作成」、「アンケートのページ自動作成」、「最適価格計測システム」、「コンジョイント分析」、「回答結果の自動集計システム」などで構築されている。
3.
消費者モニター制度によって得られた消費者ニーズに関するデータを、本システムによって効率的に処理できる。また、「物産紹介のページ」などにアクセスしてきた一般の消費者から、データを収集することも可能である。さらに「掲示板」によって消費者の「生の声」が分かる。
4.
本システムの「最適価格計測システム」で消費者が適当と考える価格帯が示され、「コンジョイント分析」により消費者は農産物の何を重視しているのかを知ることができる。
5.
マネージャーは、得られた分析結果をもとに、1.どのような品質の物を、2.どのような価格帯で、3.どのような販売方法で、4.どこに売るか、というマーケティング戦略を組み立てることができる。
6.
このマーケティング支援システムの活用により、岩手県Y村のホウレンソウのマーケティング戦略は、「品質・規格の統一を図り、普通のホウレンソウよりも1束(200g入)30円程度高い価格設定で、地場産・安心をアピールしつつ、中小市場との相対取引やスーパー・生協等への直接販売ルートの開拓をする」のように策定された。
alt=""
成果の活用面・留意点 1.
Webマーケティング支援システムは、IDとパスワードを取得すれば県の研究機関関係者を含め農業指導者が使用可能である。(アドレス http://www.e-agri.jp/)
2.
マーケティング戦略の策定には、本システムによる分析に加えて、流通チャネル情報や新規導入作物の普及条件等、現地調査が前提になり、マネージャーの総合的な意思決定による所が大きい。
alt=""
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022632
カテゴリ 中山間地域 ほうれんそう

この記事は