そば菜の栽培技術

タイトル そば菜の栽培技術
担当機関 青森農試
研究課題名
研究期間 2001~2002
研究担当者 今井照規
北山美子
発行年度 2002
要約 そば菜の露地栽培は、5月中旬から9月中旬までの播種が可能で収穫までの日数は11~19日である。また、このときの生育気温は平均気温15℃以上、積算気温は230℃程度以上必要であり、栽培期間中はパスライトによるトンネル被覆が望ましい。ルチン含量は葉に多く、遮光すると減少する。
キーワード そば、そば菜、生育温度、被覆栽培、ルチン
背景・ねらい 中山間地域では、地域の農産物を特産化し、高付加価値化して販売していくことが必要がある。青森県ではそば「階上早生」が栽培されているが、近年、そばの機能性成分である「ルチン」が注目され、中でも幼植物(そばもやしやそば菜)に含まれる量が種子の100倍と多いことが知られてきた。そこで、この「階上早生」を利用してそば菜の栽培技術について明らかにする。
成果の内容・特徴 1.
そば菜は、草丈約20cm、本葉1~3枚程度に生育したもので、はさみ等で収穫し、茎葉菜類として食する(写真)。
2.
露地栽培では、5月中旬~9月中旬まで播種が可能で、収穫まで日数は11~19日である。また、収穫までの平均気温は15℃以上、積算気温は230℃以上必要が必要である(表1、図1)。
3.
トンネル被覆することによって、収穫まで日数は無被覆より2~6日短縮され、パスライトが適する。ただし、5月中旬播種ではポリ被覆の効果が高い(表1)。
4.
ルチン含量は茎よりも葉に多く、遮光すると減少する(図2・3)。
また、そば菜中のルチン含量は軽くゆでる程度(20秒)では減少しないが、ゆで時間が長くなると減少する(図4)。
成果の活用面・留意点 1.
施肥量は窒素0.5、りん酸1.0、加里0.5(kg/a)程度とし、は種量は70g/m2程度とする。
2.
耕起後日数が経過し、土壌が乾燥し固くなると、は種しにくく発芽が不揃いになるため、耕起はできるだけ当日に行う。
3.
夏季の高温時には、播種後灌水し、発芽を確認するまで乾かないようにする。
4.
播種深度は約1cmとし、できるだけ均一になるようにする。
5.
無被覆栽培では、ハト等による鳥害や、降雨による葉の泥汚れが見られるので注意する。
6.
草丈が20cm以上に伸びたら、茎の固さをみて上部を収穫する。
7.
収穫物はMA包装資材に入れるのが望ましい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022498
カテゴリ 乾燥 機能性成分 高付加価値 栽培技術 施肥 そば 中山間地域 鳥害 播種 もやし

この記事は