岩手県における高製パン適性小麦新品種「ゆきちから」の採用

タイトル 岩手県における高製パン適性小麦新品種「ゆきちから」の採用
担当機関 [部署]岩手農研
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者 荻内謙吾
長谷川聡
高橋昭喜
菊地淑子
発行年度 2002
要約 「ゆきちから」は早生で、耐寒雪性、耐病性、耐倒伏性が強い。外観品質も「ナンブコムギ」、「コユキコムギ」に優る良質系統で、製パン適性が高いことから、岩手県のパン用小麦の安定生産が期待できる。
キーワード 小麦、ゆきちから、早生、耐病性、製パン適性[部署]岩手農研・園芸畑作部・野菜畑作研究室
背景・ねらい 岩手県では、パン用小麦として1989年に採用した奨励品種「コユキコムギ」を有し、県内実需者から一定の評価を受けているが、その後の赤さび病への罹病化により生産が不安定になるとともに、蛋白含量の低下等、品質劣化が問題となっている。このため、耐病性に優れ、製パン適性が高く、高品質な新品種を採用し、本県のパン用小麦の安定生産を図る。
成果の内容・特徴 1.
「ゆきちから」の成熟期は「ナンブコムギ」並で、「コユキコムギ」より4日程度早い早生である(表1)。
2.
稈長は「ナンブコムギ」並からやや短く、「コユキコムギ」並からやや長い。穂長は、「ナンブコムギ」より短く、「コユキコムギ」より長い。穂数は「ナンブコムギ」、「コユキコムギ」より多い(表1)。
3.
子実収量は「ナンブコムギ」より多収で、「コユキコムギ」よりやや少ない(表1)。
4.
千粒重は「ナンブコムギ」、「コユキコムギ」よりも小さく、リットル重は同程度で、外観品質は優る(表1)。
5.
耐寒雪性は「ナンブコムギ」並に強い。耐倒伏性は「強」で、「ナンブコムギ」より強く「コユキコムギ」並である。また、穂発芽性は「中」で、「コユキコムギ」並の発生である(表2)。
6.
赤さび病、うどんこ病、縞萎縮病の発生はみられず耐病性に優れる(表2)。
7.
硬質小麦で、製粉性は高い。また、粉の白さ、明るさが高く、粉色が優れる。パン体積、パンの総合評価点は「コユキコムギ」よりも高く、製パン適性が優れる(表3)。
成果の活用面・留意点 1.
根雪期間が110日以下の地帯を対象とする。普及見込み面積は200haである。
2.
「ゆきちから」を本県の奨励品種に採用することにより、本県産小麦の高品質・安定栽培及び需要拡大に資する。
3.
収量・品質を高めるため、起生期前(融雪期)の追肥に加えて穂ばらみ期前後の追肥が有効である(図1)。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022490
カテゴリ 萎縮病 うどんこ病 小麦 新品種 需要拡大 品種

この記事は