野菜施設栽培ほ場での塩類集積回避型肥料利用によるEC上昇抑制

タイトル 野菜施設栽培ほ場での塩類集積回避型肥料利用によるEC上昇抑制
担当機関 山形県立園芸試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 佐藤光明
安達栄介
高部真典
遠藤直子 
発行年度 2000
要約 野菜施設栽培で、副成分を含まない塩類集積回避型肥料の施用と秋冬作の無施肥葉菜栽培により、慣行施肥よりも電気伝導度(EC)の上昇及び硫酸根含量の増加を抑えられる。
背景・ねらい 施設での野菜栽培は、土壌中に塩類が集積しやすい傾向にある。このため塩類集積の一因である副成分を含まない肥料を用いることや、秋冬作の無施肥葉菜栽培により、土壌中の塩類が増加しない施肥管理法・栽培体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 塩類集積回避型肥料(窒素成分はウレアホルムを主原料とし、窒素、リン酸、カリの3要素が硝酸アンモニウム、リン酸カリウム、硝酸カリウムの形になっている。そのため、土壌に負荷を与える硫酸イオンや塩素イオン等の副成分を含まず、窒素も緩効的に溶出してくる肥料である)施用により、慣行施肥よりも電気伝導度(EC)を低く抑えられる(第1図、2図、第1表)。また、コマツナを無施肥栽培することにより電気伝導度(EC)は低くなる。
     
  2. 2作終了後の塩類集積回避型肥料区と慣行区の電気伝導度の差は、施用年数を経るほど大きくなる。このため、塩類集積回避型肥料を用いることによって、慣行施肥より除塩対策を講じるまでの期間を長くできる(第3図)。
      
  3. 電気伝導度を高める主要因の硫酸イオン含量は、塩類集積回避型肥料区が常に慣行区よりも低く、連用3年経過後もほぼ一定の値である(第4図)。
      
  4. 塩素イオンは塩類集積回避型肥料区、慣行区ともに2~7ppmと変動幅が小さく、硝酸イオンは変動パターンに一定の傾向がなかった。
      
  5. 塩類集積回避型肥料区は、収量・品質とも慣行区と遜色なく、同等のものが生産される。
    栽培概要
成果の活用面・留意点
     
  1. ハウス内土壌のECを測定し、除塩対策が必要な場合に適用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022183
カテゴリ こまつな 栽培体系 施設栽培 施肥 野菜栽培

この記事は