ストロビルリン系殺菌剤耐性のキュウリベと病菌の発生とその防除対策

タイトル ストロビルリン系殺菌剤耐性のキュウリベと病菌の発生とその防除対策
担当機関 岩手県農業研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 勝部和則(岩手農研)
佐藤 衛(野菜茶試)
堀内誠三(野菜茶試) 
発行年度 2000
要約 ストロビルリン系殺菌剤耐性のキュウリベと病菌が確認された。この耐性菌は、本系統以外のべと病対象薬剤(TPN,マンゼブ、オキサジキシル・銅)によって防除できる。
背景・ねらい ストロビルリン系殺菌剤は抗菌活性範囲が広く、多くの病害に対して防除効果が確認されている。しかし、最近、ウリ類等のうどんこ病菌、続いてキュウリベと病菌にも耐性菌が出現し、全国的に問題となっている。平成12年に、岩手県内における農薬の効果判定試験を行う過程でストロビルリン系殺菌剤の防除効果が著しく劣ったことから、本系統薬剤に耐性のべと病菌の出現が示唆された。東北地域では本耐性菌に関する記録がなく、防除対策も明らかではない。そこで、ストロビルリン系殺菌剤に対する感受性を検定するとともに、他系統の薬剤による防除対策を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 岩手県農業研究センター圃場(北上市成田)でキュウリベと病に対して登録を有するストロビルリン系殺菌剤アゾキシストロビン水和剤(アミスター20フロアブル)の防除効果が著しく低く、無防除と同等である(図1)。分離された菌に対しては同系統のクレソキシムメチル水和剤(ストロビーフロアブル)の防除効果も低い(図3)。
     
  2. 試験圃場から分離した3菌株に対するアゾキシストロビンの最小生育阻止濃度(MIC)は10ppm以上で、感受性菌のMIC0.1ppm(天野2000)よりも明らかに高く、いずれも耐性菌である(図2)。 
      
  3. TPN水和剤、マンゼブ水和剤およびオキサジキシル・銅水和剤(サンドファンC水和剤)はストロビルリン系薬剤耐性菌に対しても有効である(図1,3)。
成果の活用面・留意点
     
  1. 現地生産農家での発生は確認していない。
  2. 岩手県内では本剤耐性のキュウリうどんこ病菌の発生が1999年に確認されているが、褐斑病に対しては本剤連用圃場でも防除効果が高く、感受性の低下は認められていない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022172
カテゴリ うどんこ病 きゅうり 耐性菌 農薬 防除 薬剤

この記事は