オウトウと同時期に熟すモモ極早生品種「モモ福島4号、5号」

タイトル オウトウと同時期に熟すモモ極早生品種「モモ福島4号、5号」
担当機関 福島県果樹試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者 佐藤 守
岡田初彦
小野勇治 
発行年度 2000
要約 モモ「倉方早生」に「ちよひめ」を交配し、満開後60日から65日程度で熟するモモの極早生品種2系統、モモ福島4号(白肉)及び5号(黄肉)を選抜、育成した。オウトウの時期に熟すため、観光農園を主にオウトウとのセット販売が見込める。
背景・ねらい 本県におけるモモの品種構成は「あかつき」を主とした中生種が65%以上を占め、早生種、晩生種は少ない。特に早生種は9%と少なく、継続出荷、共同選果場運営、収穫の労働競合等に支障をきたしており、早生種の育成について強い要望がある。このため昭和59年より早生モモの育成を主目的として育種事業を開始した。
成果の内容・特徴
  1. 「モモ福島4号」は昭和59年「倉方早生」に「ちよひめ」を交雑し、胚培養により個体を得、選抜したものである。開花後60日(福島市で6月中旬)で熟す極早生種である。果肉色は白肉で果重は150g程度と小さいが香りがある。年により裂果が発生する(表1、2)。
     
  2. 「モモ福島5号」は4号と同じ交雑組み合わせで、収穫期は4号よりやや遅く開花後65日で熟す。果肉色は黄肉で果重は4号よりはやや大きい。香りは少ないが、甘味は4号よりやや多い(表1、2)。 
      
  3. 観光農園(オウトウの直売)等への委託試験の結果、オウトウとのセット販売が可能であり、この後「さおとめ」、「ちよひめ」、その他の早生種へと連続して収穫、販売ができる。現在品種登録申請中である。主として観光農園用の品種として普及が見込める。
成果の活用面・留意点
     
  1. 「モモ福島4号」は収穫期に降雨が多いと裂果することがある。
  2. 両系統とも極早生種のため、摘蕾、早期摘果を徹底して実施する事が重要であるが、年により裂果・核割れ果が発生するので必要以上に大玉は狙わない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022169
カテゴリ 育種 おうとう 出荷調整 品種 もも

この記事は