農業法人の経営管理に対する自己認識の特徴

タイトル 農業法人の経営管理に対する自己認識の特徴
担当機関 福島県農業試験場
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者
発行年度 1999
要約 福島県内の農業法人に対し、経営管理に関する自己認識のアンケート調査を実施した。結果、農業法人経営者は自己の経営を3.4点(5点満点)と自己採点し、総じて「経営基本」、「財務」に関しては高い意識を示したが、「販売」に関しては低かった。また、果樹を主作目とする法人は全ての項目で最下位である。一方、法人設立からの経過年数と自己認識のレベルには、特徴的傾向が示されなかった。
背景・ねらい 近年、本県においては農業経営の法人化が進展し、
約400近い法人が登記されており(平成8年2月現在)、
さらに認定農業者となった農業法人数も131法人(平成11年12月末)となった。
しかし、農業法人に対する経営管理の調査例は少なく、
農業法人の経営指導にあたって問題点と指摘される。
このようなことから、県内農業法人に対し経営管理意向のアンケート調査を実施し、
経営管理の様々な側面に対し、各法人がどのように自己認識しているのかを、
法人形態別、主要作目別等の特徴を明らかにし、
今後の経営改善指導に資するための参考とする。
成果の内容・特徴
  1. 県内農業法人の経営者は、自己の経営を3.4点(5点満点)と採点した。
  2. 設問項目について、県内農業法人経営者は、「経営基本」及び「財務」に関しては、
    回答全法人、法人形態別、主要作目別、売上高別のいずれの区分においても
    自己採点結果が高く、比較的優れていると自己認識していることが示された。
    一方、「販売」に関すること、特に「広告・販売促進」については、
    いずれの区分の場合でも、他の設問項目に比べ自己採点結果が総体的に低く、
    努力や改善を要すると自己認識している。
  3. 法人形態別では、株式会社の自己採点結果が高く、
    株式会社が総じて優れた経営管理にあると自己認識している
    (表1)。
  4. 主要作目別では、苗木生産を主要作目とする農業法人において自己採点結果が高い
    (苗木生産3.8点)。次いで畜産、花き、菌茸と続く(各3.5点)。
    一方、果樹を主要作目とする農業法人は、果樹以外の作目を主とする農業法人より
    自己採点結果(2.6点)が低く、すべての項目において最下位である。
    果樹を主要作目とする農業法人では、経営管理上、
    要改善点があると自己認識していることが示された
    (表1)。
  5. 売上高別では、売上高が多いほど自己採点結果が高い。
  6. 法人設立からの経過年数と自己採点結果には、回答全法人、法人形態別、
    主要作目別、売上高別のいずれの区分においても特徴的傾向が示されなかった
    (表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 農業法人の経営管理に対する意向を把握したことにより、
    農業法人への行政的・普及的対応法へ寄与することができる。
  2. アンケートの設問は、「農業法人の経営管理に関するチェックシート」
    (全国農業会議所「農業法人の経営診断」、1995年)に準拠している。
  3. 調査票送付農業法人数195法人、有効回答80法人(40.1%)での集計であり、
    平均値の算出のみの結果である。
    より詳細な検討のためには、統計的な処理が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022077
カテゴリ 経営管理 経営診断 苗木生産

この記事は