施設キュウリ複合経営の水稲直播栽培導入効果

タイトル 施設キュウリ複合経営の水稲直播栽培導入効果
担当機関 宮城県農業センター
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者
発行年度 1999
要約 水稲と施設きゅうりの複合経営において、施設きゅうりの面積拡大で生じる労働競合は、水稲部門への直播栽培導入により、春作業が省力化され労働ピークが軽減する。また、水稲収穫時期が移植栽培より遅れることで競合が回避しやすい。
背景・ねらい 水稲の低コスト省力化を目的とする直播栽培の導入効果として、
園芸などとの複合経営への導入効果がしばしば指摘されるが、
その実態についての調査研究は極めて少ない。
そこで、夫婦2名のみで水稲3.6haを維持し、
施設きゅうり面積を拡大(促成、抑制とも1,000㎡から2,000㎡)
した農家(表1)において、
直播栽培を水稲の全面積に導入した効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 直播栽培導入のねらい
    1. 調査対象農家は昭和63年まで水稲単作で、平成元年に施設きゅうり
      (促成、抑制とも1,000㎡)を導入、平成8年には施設きゅうりを2倍
      (促成、抑制とも2,000㎡)に増設することで所得の拡大を計画した
      (表1)。
    2. 施設きゅうりの促成栽培は3月から6月までが収穫作業のピークに当たり、
      水稲移植栽培の育苗・代かき・田植えの時期と著しく競合するため、
      水稲の省力化を必要とした(図1)。
    3. 施設きゅうりの抑制栽培は、きゅうりの品質と収量に最も影響を与える
      誘引・摘心作業が9月中旬~10月上旬に当たり、
      水稲の収穫・乾燥調製作業と著しく競合する。
      誘引・摘心作業の遅れは著しい収量減(約1.0t/10a減)になるため、
      水稲の収穫作業は10月上旬以降に実施する必要があった
      (図1)。
  2. 直播栽培導入効果
    1. 最も労働ピークを形成する5月上旬、
      水稲移植栽培を主体とした平成10年の労働時間は合計280時間(2名)、
      1人1日平均14時間に達したが、水稲直播栽培を全面積に実施した平成11年は、
      平成10年と比較しピークを約50時間緩和し、また経営全体の春期労働時間も軽減した
      (図2)。
    2. 平成11年は水稲直播栽培の成熟期が大幅に早まり、
      水稲の刈取作業と施設きゅうり抑制栽培の誘引・摘心作業が競合し、
      適期に誘引・摘心作業が実施できたのは平年と同じ50%に留まったため、
      明らかな効果は認められなかった
      (表1,図2)。
    3. 水稲直播栽培の労働時間は10a当たり13.8時間で、
      平成10年の移植栽培と比較して34%もの省力化が図られている
      (表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 宮城県内及び同様の栽培体系をとっている地域・経営体に適用する。
  2. 気象条件により、秋作業の改善が認められない場合もある
    (図2)。
  3. 調査農家の地域には水稲作業の受託農家はなく、
    また対象農家は雇用は考えていない。
  4. 複合部門である園芸作物等の栽培技術の特徴を捉えることで、
    直播栽培の導入の効果を把握できる参考資料となる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022074
カテゴリ 育苗 乾燥 きゅうり 経営管理 栽培技術 栽培体系 省力化 直播栽培 水稲 低コスト省力化 春作

この記事は