農業経営設計システム「クーボー博士」

タイトル 農業経営設計システム「クーボー博士」
担当機関 岩手県農業研究センター
研究課題名
研究期間 1997~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 生産技術体系をデータベース化し、個別農家の経営指導や営農計画策定に活用できる農業経営設計システム「クーボー博士」を開発した。試算計画法と線形計画法による計画策定や営農類型の費用内訳の詳細を参照することができる。
背景・ねらい 個別農家の経営診断・設計を迅速・的確に行うことを目的として、岩手県では
「複合経営診断設計システム」や経営設計支援システム「経営くん」を開発し、
経営指導や角種事業等の営農計画策定に活用している。しかし、特定の環境で
しか利用できなかったり技術体系データも修正されたため、両システム全体の
見直しと技術体系データの更新が必要となっていた。
そこで、技術体系データベースを更新・拡充し「複合経営診断設計システム」と
「経営くん」を統合した新しい農業経営設計システム「クーボー博士」を開発
した。
なお、システムの名称は、宮沢賢治の童話「グスコーブドリの伝記」の登場人物に
因む。
成果の内容・特徴
  1. 本県の生産技術体系で使用している資材・機械等だけでなく、体系別の費用積算
    内訳と旬別作業時間も併せてデータベース化したので、データの管理が容易となる
    (図1)。
  2. 計画設計方法には試算計画法と線形計画法の2つの方法から選択でき、経営規模や
    労働力の制約条件に適した最も高い所得が得られる営農類型の経営規模が計算
    できる。
  3. 大農具の償却費計算を耐用時間法と耐用年数法から選択して検討することができる
    ほか、物財費・施設費・出荷経費・旬別労働時間の詳細な内訳や試算結果を同時に
    表示できるので、営農類型の比較検討が用意となる
    (図2)。
  4. 青果物の市場データは「青果物流通統計月報(農林水産省統計情報部)」の
    1977年から1997年まで、花きは「花き市場流通調査概要(日本花き卸売市場協会)」
    と「東京都中央卸売市場年報花き編(東京都)」の1982年から1997年までの月別の
    市場データベースも追加したので、単価設定の参考となる。
成果の活用面・留意点
  1. ノートパソコン等に導入することにより庭先で聞き取りしながら設計することや、
    設定する項目数が比較的少ないので農家自ら利用することも可能である。
  2. 技術体系データはあくまでも岩手県のデータなので、他県での直接の利用は
    できない。しかし、他県の技術体系データを本県のフォーマットに変換できれば、
    利用可能である。
  3. 利用可能機種はWindowus95(98)が動作している機種で、ハードディスクに10MB以上
    の空き容量が必要である。
  4. このシステムのメインプログラムは、VisualBasic5.0で作成されているが、
    技術体系データ及び市場データは独立したデータベースファイルなので、
    データベースソフト(Access97等)があれば、直接データを扱うことも可能である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022072
カテゴリ 経営管理 経営診断 シカ 出荷調整 データベース

この記事は