エゴマを給与し健康志向に応えられるα-リノレン酸の高い豚肉の生産技術

タイトル エゴマを給与し健康志向に応えられるα-リノレン酸の高い豚肉の生産技術
担当機関 福島県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1999
要約 出荷1ヶ月間3%粉砕エゴマ種実(エゴマ)添加飼料給与により、食肉中のα-リノレン酸(n-3系脂肪酸)が高くなり、筋肉中のn-6系脂肪酸/n-3系脂肪酸(n-6/n-3)≒5.0になった。無添加区は 12.6であり、添加区では半分以下となり、健康志向に応えられる。エゴマ給与量は平均3kg/頭であり、枝肉換算の経費は17年/kgであった。
背景・ねらい 最近の健康志向から成人病等を予防するn-3系脂肪酸が注目されているが、畜産物は
n-6系脂肪酸が多く、摂取量の増加により成人病等が危惧され、消費拡大を阻む
一要因となっている。そこで、α-リノレン酸含有率の高い
エゴマ給与によるα-リノレン酸の高い豚肉の生産枝術に着目した。
また、n-3、n-6系脂肪酸は多価不飽和脂肪酸で酸化されやすいために、
抗酸化作用のあるビタミンEを測定した。
成果の内容・特徴
  1. エゴマ給与により食肉中のα-リノレン酸は1.9~3.7%と
    無添加0.7~1.0よりも高かった。n-6/n-3比は年次によってバラツキがあるが
    筋肉中の添加区は5.0、無添加区は012.6で半分以下となり、さらに筋間脂肪中で
    添加区は3.7、無添加区は13.0で30%以下になった。このようにエゴマ給与
    によってN-3系脂肪酸の割合が高くできた(表1)。
  2. α-リノレン酸含有率は各組成とも添加区が高かった。添加区の
    中でも腎周囲脂肪が高い傾向にあり、筋肉内脂肪では低かった
    (図1)。
  3. 食肉中のビタミンE(VE)濃度(μg/g)は筋肉内の添加区は0.94、
    無添加区は 0.89とあまり変化が無かった。筋間脂肪は添加区が2.44、無添加区が
    1.20と添加によって高くなる傾向があることから、添加区のVEが高くなる傾向は
    多価不飽和脂肪酸への抗酸化作用が期待される
    (表2)。
  4. エゴマの購入価格は387円/kgで、給与量が3kg/頭であるため、1,161円/頭かかる
    ことから枝肉換算の経費は約17円/kgとなる。
成果の活用面・留意点 出荷前1ヶ月のエゴマ給与による高α
-リノレン酸豚肉生産はn-3系
脂肪酸が多くなり、健康志向のニーズに応えられることから、豚肉摂取の増加が
可能であるため、消費拡大につなげたい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010022066
カテゴリ えごま 出荷調整 消費拡大

この記事は